レブロンとナイキが「生涯契約」。すごい!うらやましい(笑)、そして名誉なこと

レブロン・ジェームズがナイキと「生涯契約」を結んだそうです。

私の「ZOOM LEBRON VI」スーパーマンモデル

私の「ZOOM LEBRON VI」スーパーマンモデル

ナイキがレブロンと生涯契約、44年の歴史で初

この記事では、ナイキ創業以来初の「生涯契約」とされているようですが、ただ公表していないだけで、マイケル・ジョーダンやタイガー・ウッズともしているんじゃないかな、と推測しています。

特に、ジョーダンは今のナイキの「礎(いしずえ)」を作ったような人です。ジョーダンがいたことで莫大な資金が作られ、他のスポーツ(サッカー、ゴルフ、テニス、野球等々)へ参入でき、様々な大物選手とも契約できたわけで、もしもジョーダンがいなかったら今もオニツカタイガーの輸入代理店だったのでは?

(それは言い過ぎか…(^^;))

そんなわけで、ジョーダンも既に「生涯契約」しているでしょう。
「ジョーダン」ブランドも健在だし。

タイガー・ウッズも同様です。

ウッズは、プロデビュー時からナイキのアパレルを着ていたものの、クラブはTitleist(タイトリスト)のものを使っていました。ナイキは、ゴルフへの本格参入のためにクラブを開発し、それをウッズに使ってもらって、それで一気にクラブメーカーとしての地位も確立したのです。

プライベートでスキャンダルがあって最近不振ながら、「タイガー・ウッズ」というブランド価値はまだまだ捨てたものじゃないはず。なので、ウッズとも「生涯契約」しているんじゃないかなと思います。

金額とか採算とか

上の記事によると、レブロンとの契約は過去最高レベルだそうで、ジョーダンのエージェントとして有名なデビッド・フォークは生涯で4億~5億ドルになると推測しているそうです(!)

気の遠い世界……(汗)

「そんな大枚はたいて採算はどうなんだろう?」と思ったりもするのですが、2015年のレブロングッズの売上は年間4億ドルになりそうだと見込まれているようなので、十分採算はとれそうです。

そんなに売れてるんだ……(汗)

「生涯契約」は本当に「生涯」の契約とは限らない

契約書の現物を見ていないので推測ですが、だからといって本当に「生涯」の契約であるとは限らないと思います。

おそらく、選手またはナイキに特段の事由があれば、他方から契約解除ができるようなオプションもついているはずです。「特段の事由」というのは、スポーツ選手または人としての名誉を傷つけるような行為かと。

この人も実は「生涯契約」だったんじゃないかな、と思っています。

ランス・アームストロング。

2012年にドーピング疑惑が最高潮に達した時に、ナイキはアームストロングとの契約を打ち切りました(アームストロングがドーピングを告白する直前の時期だったのですが、「ドーピングもみ消し」にナイキが関与したんじゃないかという疑惑が出てきてブチ切れたようです)。

ナイキは、アームストロングが癌の闘病をしていた時からサポートしていた一つで(他に、オークリーとトレック)、アームストロング自身も現役当時この3社とはずっと関係を続けたいと言っていたそうです。でも、ナイキとともにオークリーもトレックも契約解除しました。

今となっては当然の成り行きですが。

ナイキ以外のメーカーにもいる

ナイキ以外のメーカーと「生涯契約」を結んだ選手もいます。

まず、デビッド・ベッカムとデリック・ローズ。2人ともアディダスと「生涯契約」を結んでいるそうです。

なので、間違ってもベッカムが「エア・ジョーダン」を履くことはないでしょう(笑)

それと、アレン・アイバーソン。リーボックと「生涯契約」を結んでいるそうです。

リーボックのスポーツ界での存在感が薄れてきているのが心配ながら(苦笑)、リーボックブランドが存続する限りはアイバーソンとの関係を続けるのでしょう。

あ。それとロジャー・フェデラーと錦織選手ですね。ウィルソンと。

「生涯契約」は名誉でもある

「生涯契約」はシンプルにすごいし羨ましいけど(笑)、同時に名誉でもあるなぁと思います。

メーカーも選手も、お互いが「この選手!」「このメーカー!」っていう信頼関係がないと成立しないわけで、それこそ「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも…」ということです。

結婚するような感じですかね(笑)

なので、お金の面でうらやましいのもあるけど(笑)、そういう信頼関係がビジネスで成り立ったというところも素晴らしいなと感じます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士