クラブW杯ではリーベルを応援する!

今週からクラブW杯が始まります。

多くの人がバルサの勝ちっぷりに注目しているでしょうし、私自身も優勝予想はバルサなのですが(苦笑)、個人的には南米代表のリーベルプレートを応援しようと思っています。

リーベルとバルサの因縁

バルサとリーベルにはちょっと因縁(っぽいもの?)があります。

まず、バルサ守備陣の要、ハビエル・マスチェラーノがリーベル出身です。

現リーベル監督のマルセロ・ガジャルドは元チームメイトで、マスチェラーノがいた当時のキャプテンでした。お互いのことをよく知っていると思うので、手の内の探り合いもあるんじゃないかと。

また、次に書くバルサとリーベル両方の「先輩」とのマッチアップも楽しみです。

もう一つ。

リーベルには、かつてバルサでプレーしたことのある、あの選手がいました。

ハビエル・サビオラ。しかもリーベルからバルサに移籍しているし、その移籍の際にすったもんだがあったそうなので、深い因縁があるような(ない?)

サビオラはバルサで活躍していてサポーターにも支持されていたので、恩返し(?)にズドンと一発決めて欲しいなぁと。

さらにもういっちょ。

リーベルを最初に見たのは1986年のトヨタカップの時でした。当時、初めて父親とではなく小学生時代の友達と一緒に国立競技場へ見に行きました(あの頃は今よりチケットが取りやすかったし、チケット代もS席で5,000円でした)

当時のリーベルには、GKネリー・プンピード、DFのオスカル・ルジェリ、MFエクトル・エンリケのW杯優勝メンバーに、キャプテンのアメリコ・ガジェゴやアントニオ・アルサメンディ、ノルベルト・アロンソ、フアン・フネスらがいて、見るからに強そうなチームでした(ちなみに、当時控えGKだったのが、90年W杯で活躍したセルヒオ・ゴイコチェアでした)。

対戦相手のステアウア・ブカレストも注目していたけど、正GKのヘルムート・ドゥカダムが欠場だったので残念でした。

ドゥカダムは、欧州チャンピオンズ・カップ(当時)決勝のPK戦で4本全てをストップした優勝の立役者。なので、ものすごく期待していただけに残念でした。

そのPK戦で、4本全てをストップされて完封負けしたのがFCバルセロナ。
バルサでした。

そのバルサがリーベルと対戦するかもしれないのは何かの縁かなぁ……なんて(笑)

勝敗予想は圧倒的不利(苦笑)

ただ、戦前予想としては圧倒的不利でしょう(苦笑)。それは否定できません。

約2か月間リーガとCLで負けなしのバルサと、国内リーグで勝ったり負けたりのリーベル。直近の状態も格段に差があります。

おまけに選手の面々にも決定的に大きな差があります。
バルサ3トップは、イコール「南米の3トップ」ですからね……

そんなわけで「バルサを応援しても面白くない」というヒネクレもあり(苦笑)、リーベルを応援しようかと。

お願いだから両方とも準決勝でコケないでね♪(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士