プレミアリーグで活躍するブラジル人ストライカーがいないことに改めて気づく

先週末ですが、こんな記事がありました。「意外だなぁ」と思いつつ、振り返って「たしかに…」と気づきました。

プレミアで最もゴールを決めた南米出身選手は? 多彩なタレントが名を連ねたトップ10を発表

プレミアリーグ最多得点の南米出身選手トップ10は、以下の通りだそうです。

1位 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン 85得点/4シーズン目)

2位 カルロス・テベス(アルゼンチン 84得点/7シーズン)

3位 ルイス・スアレス(ウルグアイ 69得点/3シーズン)

4位 グスタボ・ポジェ(ウルグアイ 54得点/7シーズン)

5位 ノルベルト・ソラーノ(ペルー 49得点/10シーズン)

6位 フアン・パブロ・アンヘル(コロンビア 44得点/6シーズン)

7位 ハミルトン・リカルド(コロンビア 31得点/3シーズン)

8位 ジュニーニョ・パウリスタ(ブラジル 29得点/5シーズン)

8位 ウーゴ・ロダジェガ(コロンビア 29得点/5シーズン)

10位 カール・コート(ガイアナ 28得点/8シーズン)

トップ3は言うまでもないと思うし、私も3人の名前は挙げることができました。

(テベスが1位だと思っていたけど…(^^;))

意外だったのはブラジル人選手が1人しかいないことでした。

ブラジル人ストライカーがいない…

上記トップ10に、ブラジル人はジュニーニョ・パウリスタ1人しかいません。しかもポジションはFWではなくトップ下です。

(ジュニーニョ・パウリスタ……懐かしい。1995年のアンブロカップでキレキレだったのを見て、「ああ、セレソンはこれからホナウドとコイツの時代になるんだなぁ」と思ったものでしたが……。いつの間にか「ジュニーニョ」と言えば「ペルナンブカーノ」になってしまいました……)

改めて気づいたのは、ブラジル人ストライカーがいないことでした。

現役選手を見ても、ブラジル人選手としてはウィリアンやオスカル、フェルナンジーニョ、フェルナンド、ラミレス、コウチーニョ、ルーカス等々いますが、ほぼ全員中盤から後ろの選手。ストライカーがいません。強引にあてはめると、ブラジル出身のスペイン代表ジエゴ・コスタがいますが、「活躍」しているかと言えばビミョーで……(苦笑)

過去をさかのぼってもホビーニョぐらいしか挙がらないし、プレミアリーグ前の「イングランドリーグ」時代にミランジーニャがいたぐらいでしょうか。

(ミランジーニャも超懐かしい!パルメイラス時代は、今のスアレスのようにDFラインの裏を突く飛び出しが絶妙だった……って、知ってる人はいないか(苦笑))

やっぱりいませんでした……

ブラジル人ストライカーがいない理由

「なぜいないか?」は、「なぜいなかったのか?」を振り返れば分かりそうです。

プレミアリーグ黎明期以前は、イングランドサッカーのスタイルと言えば、「DFあるいは中盤の底からドーンと前線にロングフィードしてデカいFWに当てて、そいつが走り込んだ味方につなぐか自分で持ち込むかしてシュート」、いわゆるポストプレーがベースというのが王道的な攻撃パターンでした。

「中盤でポゼッション…」とか「DFラインの裏に飛び出して…」といったものではなく、シンプルかつワンパターン(苦笑)な攻撃でした。

それにフィットするブラジル人がいなかった、ということなのでしょう。ブラジル人ストライカーにデカい選手は代々少なかったし、「力ずくで強引に…」というタイプもいませんでしたし。テクニカルなタイプが求められていなかったのです。

いや、厳密にはホナウドやヒバウド等、プレミアリーグでも活躍できたであろう選手はいたけれど、当時は条件面で折り合わなかったのでしょう。

今はだいぶイングランドサッカーのスタイルも変わってきているけれど、プレミアリーグの外国出身選手の面々を見ていると、体格の大きさかフィジカルの強さは変わらず重視しているようで、ブラジル人ストライカーは評価されにくいようです。

それに、今のブラジル代表FWを見ていると、ネイマールぐらいしかイケそうな選手がいませんからね……

それにしてもトップ3はやっぱりすごい!

上記のランキングを見ていると、トップ3選手の凄さが際立っています。

アグエロとスアレスはシーズン当たり20点以上のアベレージ、テベスもアベレージで12得点です。

テベスの場合、マンUではクリスティアーノ・ホナウドやウェイン・ルーニー、ディミタール・ベルバトフがいたし、マンCではアグエロ、エマニュエル・アデバヨール、マリオ・バロテッリらがいてこの得点なので素晴らしいです。

アルゼンチンやウルグアイのストライカーとは見事にマッチして、ブラジル人ストライカーとはミスマッチというのも面白いものだなぁと感じます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士