久しぶりの「大晦日の格闘技」は観戦しないことに。やっぱり「鮮度」が・・・

大晦日の格闘技イベントに観戦に行こうかどうか様子を見ていましたが、行かないことに決めました。

年末格闘技イベントの復活はうれしいけど、複雑でもある…
今年は大晦日を含む年末に、日本でも格闘技(MMA)イベントが復活するそうです。 10年ぐらい前は、大晦日の夜をさいたまスーパーアリーナ......

対戦カードや出場選手を見ていて、どうも鮮度が……というのが決め手でした。

「目玉」は12年前と同じカード?

一昨日発表された例のカードが「目玉カード」の一つだとすると、うーん……

12年前は片方の選手がデビュー戦でした。当時は「巨漢同士の肉弾戦」というか「モンスターバトル」見たさで高視聴率だったようですが、最高レベルのスピードやテクニックの攻防を望む自分としては、当時も関心は低く……(苦笑)

しかも、両者ともに長い間MMAから遠ざかっていた選手。年齢が40歳を超えているのはともかくとして、ブランクが長すぎるのがどうも…

「鮮度」がない(苦笑)。熟成肉やワインのような味わい深さがあるのならいいけど、あの両者にはそれはないんじゃないかと……。マリオ・スペーヒーやニーノ・シェンブリ、ヴォルク・ハンなんかのグラップリングならありそうだけど(笑)

主戦場がUFCになったのは大きい

MMAの「メッカ」というか主戦場がUFCになったのは大きいです。ヒョードルの相手がまだ決まっていないのは、そこも影響しているのかなぁと。ジョシュ・バーネットなんかが相手だったらメチャメチャ見たいけど、UFCと契約していますからね……

ヒョードルに勝ったファブリシオ・ヴェウドゥムも、アントニオ・シウバもUFC。アリスター・オーフレイムもUFC。誰になるのか見当がつきません。

いろいろ噂はあるようですけど、今のところその噂から「おおっ!?」というのはありません……

ヒョードルの相手以外にも「おおっ!?」という選手がいません。今のところクロン・グレイシーとキング・モーぐらいでしょうか。

どの階級も「今、めちゃめちゃ強い」という選手はUFCに出ているので、現状の出場選手を見てもどうも「チケット代を払ってでも見に行きたい!」とまでならないのです(個人的に知り合いの人とかいれば話は別ですけど)

来年以降に期待

大晦日のイベントはまだ「始まり」なので、ここから強い選手を発掘していくのかなぁと思うようにしています。

なので、来年以降に期待!

って、まだ「始まり」も始まっていなかった…(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士