ドーピングは良くないけど、これもどうなのかと…(苦笑)

最近のニュースでは、不正会計やデータ改ざんと同じくらいスポーツ選手のドーピングに関するニュースもあります。

ドーピングがダメなのは間違いなく、発覚した選手に対しては失望感もあるのですが、「これもどうなのよ?」と苦笑する記事がありました。

選手の名前を変えちゃダメでしょう(苦笑)

これです。

ガメラ、ドーピングで処分=大阪国際の3連覇抹消―女子マラソン

ウクライナ陸連は24日、今年1月の大阪国際女子マラソンで3連覇したタチアナ・ガメラ(32)にドーピング違反で、2019年9月29日まで4年間の出場停止処分を科すと発表した。

ウクライナ陸連によると、ガメラの成績は11年8月にさかのぼって抹消され、大阪国際女子の3連覇に加え、12年ロンドン五輪の5位入賞も取り消される。

ドーピング違反はダメだし、長期間の出場停止処分も仕方ない。

でも、この選手の名前、「タチアナ・ガメラシュミルコ」って言うんですよね。

大阪国際女子マラソンで最初に優勝した時は「ガメラシュミルコ」だったはず。

それがいつの間にか「ガメラ」に。

いくら名前がアレだからって、そりゃあないんじゃないかと思うのです(苦笑)

記事の見出しを見て笑っちゃう人も少なからずいるでしょうし。

いや、それを狙ったのか(笑)

外国人の選手名がヘンに変えられることが多いので、「そりゃないだろう」と苦笑いすることが時々あります(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする