年末格闘技イベントの復活はうれしいけど、複雑でもある…

今年は大晦日を含む年末に、日本でも格闘技(MMA)イベントが復活するそうです。

10年ぐらい前は、大晦日の夜をさいたまスーパーアリーナで過ごすのが毎年の恒例行事だったので(笑)うれしいと思う一方で、課題もあるなぁと感じます。

課題だと思うところ

「現在最強」の選手がいない

仕方ない話ですが、現時点で「最強」と言える選手は参戦しそうにありません。今の「最強」を争う舞台は米国のUFCになってしまっているからです。

ヘビー級では、かつてのPRIDEで活躍していたアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラやミルコ・クロコップがUFCで痛い目に遭っていますし(ノゲイラは引退)、今のUFCヘビー級でトップを争う選手はみんな化け物みたいな体格とフィジカルの持ち主です。それだけに、PRIDEを経てUFCチャンピオンになった(現チャンピオンの)ファブリシオ・ヴェウドゥムには絶賛しかありません。

(10年ほど前にツーショットを撮ってもらったことがあるので、個人的に好きなのもある(^^))

中量級も軽量級も同様です。PRIDEや戦極(なつかしい)が終わって大きな格闘技イベントがない空白の時期に、「最強」を目指す選手がこぞってUFCを目指すようになっています。ファイトマネーも良いのでしょうし、移動や時差が少ない点も大きいでしょう。特に、米国人ファイターにとっては「アウェイ感ゼロ」で臨めるメリットは大きいでしょう。

年末興行が旗揚げになるRIZINは、UFC以外のいろんな団体と提携しているようなので、「UFCチャンピオンよりすごいんじゃないの!?」と思わせる選手を発掘することが課題かな、と。どの階級でも一人でも出てくれば面白いと思います。

「これは!?」と思う選手がいなさそう…

現時点で決まっている対戦カードや出場選手を見たところ、数年以上前からいる選手が多数のようです……

一度引退した選手、活動の場を移していた選手、米国で振るわなかった選手が多い印象です。日本人選手でも外国人選手でも、「今強い」選手はUFCにいるので当然といえば当然なのかもしれないですけど、昔見ていた(年齢的にピークを既に過ぎている)選手が多いのはちょっと魅力に欠けるような……

スピードやパワーが際立つ、迫力のある試合をするのは難しいのではないかと思っています

これも含めて「これからの選手」の発掘が課題ではないかと。

ポジティブに思っているところ

グラウンドの攻防がたくさん見られそう

前述の2番目の裏返しになりますが、スタンドでの迫力に魅力が欠けそうな反面、グラウンドでの攻防はテクニカルな面白い展開になるんじゃないかなと思っています。

個人的にグラウンドでの攻防も好きなので(アブダビ・コンバットのようなグラップリング競技も好き)、ベテラン選手の技術が随所に見られそうなのは魅力の一つだと思っています。

「ヒョードルのパウンドの威力は、今どんな感じなのか?」とかにも注目したいです。

「挑戦」がある

昨日(11月9日)決まったカードについてです。

賛否両論あるでしょうし、否定的な意見が多いかもしれません。「本業(レスリング)に専念すべきじゃないか?」とか「他のレスリング選手は必死でレスリングを頑張っているのに」とか、いろいろあるんじゃないかと。

ただ、当の選手は本業へのリスクも承知の上で挑戦するのだと思うし、ケガで予選に間に合わず来年の五輪出場の可能性がなくなったそうなので、今が良いタイミングだったということかな、と思っています。

「レスリングでやりきってから」というのも一つの考えでしょうけど、フィジカルのピークが過ぎてからMMAというのも大変な面はあるんじゃないかと。反対に、体力的に元気な若いうちからレスリング選手がMMAに挑戦するのは、過去にあまり例がないと思うので面白そうだし、これからの潮流を変える可能性もあると思います。早い話、やってみないと分からない(苦笑)

デビュー戦は苦戦するでしょう。
相手はグラップリングの猛者、というか「あの一族最強」の息子なので。

勝負論からすれば勝ち負けの結果は重要でしょうけど、「一度たりとも負けてはならない」なんていう掟や決まりはないはずなので(苦笑)、経験だと割り切って挑戦しても良いんじゃないかな、と思っています。

見方・考え方が昔と変わってきたような……。歳をとっているのかも(苦笑)

会場観戦?TV観戦?

現時点では、会場での観戦はしない方向です。

今のところ注目したいポイントが「グラウンド」なので、会場観戦にはちょっと向いていないかな、と。行けば行ったで楽しめるのは、経験済みなので分かりますけど(苦笑)

もう少し対戦カード等の様子を見てから最終決定しようかと。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする