早起きが健康に良くない!?という記事を見て早起きについて再考してみた

先週末にこんな記事を見て「マジで!?」と反応してしまいました。

「早起き」すると寿命が縮む!オックスフォード大学の研究で判明~心筋梗塞、脳卒中、糖尿病のリスクが倍増

(以下引用)

「『早起き』が健康に良いものだと思っているのならば、それは大きな間違いです。朝6時に起きて、日課のジョギングを1時間ほどこなしてから、余裕をもって会社に向かい、9時から仕事に取りかかる。誰もが理想的だと考えるそんな生活が、重大な病気を引き起こし、命取りになることもあるのです」

「世界中のあらゆる人たちの睡眠パターンを分析して、年齢層ごとの推奨すべき起床時間と起床後の活動開始時間をはじき出すことに成功しました。それによれば、個人差はあるものの、起床時間は青年期(15~30歳)であれば朝9時、壮年期・中年期(31~64歳)なら8時、高年期(65歳以上)だと7時となっている。

また起床後の活動開始時間は青年期11時、壮年期・中年期10時、高年期は9時が最適だと分かっています。この数値を見れば明らかなように、すべての年齢層の人に言えることは、6時よりも前に起床することは人間として本来あってはならないということです」

「朝6時にジョギングを1時間ほどこなしてから…」なんて、まさに自分のことだったので、「おいおいマジかよ?」と(苦笑)

早起きが体内時計と合っていないらしい

この記事によると、どうも早起きの生活リズムが人体の体内時計と合っていないようで、それが臓器に負担をかけてしまうようです。負担が蓄積されることによって、それがあちこちの内蔵疾患につながりうる、ということのようです。

それにしても、40歳の私の「推奨すべき起床時間」が8時、「活動開始時間」が10時って……(汗)

ほんの少し記事に抵抗してみる(笑)

この記事では、体内時計についてこんなふうに書かれていました。

体内時計とは、「概日リズム」とも呼ばれる、生物に生まれながらにして備わった生命活動のサイクルである。これがあるおかげで、人はもちろん、あらゆる生物は意識しなくても活動状態と休息状態を一定のリズムで繰り返すことができる。

ケリー博士はこの体内時計の周期と人間の実生活における行動周期とにズレが生じることが、人の身体に悪影響を及ぼすものだと考えている。そして早起きこそが、このズレを生むのだという。

「体内時計は身体のあらゆる部位に存在します。例えば脳の視交叉上核という場所に体内時計が備わっていますが、早起きすることによってこれがズレてしまうと、著しく脳の機能が低下します。すると集中力や記憶力、コミュニケーション能力などが著しく減退してしまうのです」

体内時計のリズムと早起きが合わないから早起きは良くないとして、「じゃあその推奨起床時間から逆算して、何時ごろ就寝するのがいいの?」というのが書かれていません(苦笑)

もし「それは人による」のなら、推奨起床時間だって「人による」んじゃないのかなぁ?とも思ったり。

ちょっとだけ抵抗(苦笑)

同意できることもあった

でも、記事に関してたった一つ「完全同意」できる内容がありました。それは

統計的にも、日本人は世界中で突出して睡眠時間が短い。加えて早く起きる人の割合も多い。しかも学校や政府、企業がそれを主導しているように思えます。

というところ。

早起きの人がなぜ早起きするのかというと、仕事や学校での、広く言えば世の中の生活リズムに合わせた結果なのだろうと思います。

「朝9時から仕事、または朝8時から学校。だから7時前(あるいはもっと前)に起きて、準備して…」

ということだろうと。

夜に時間を確保しにくければ、早朝に活動時間をシフトしてジョギングしたり仕事したりもするでしょう。もちろん個々の家庭の事情もあるでしょうけど、世の中の時間リズムが変わっていかないと、早起きの人が遅い時間にシフトするようになるのは難しそうだなぁと思います。


どうしようもできないか(苦笑)

でも、起きる時間が変えられないとしても、寝る時間を変える(早める)ことはできるはず。なので、睡眠時間をしっかりとることを重視して「早く寝る」ことは心掛けないとなぁと感じます。

自分の場合、寝る時間が遅くなる原因は、スマホ見たり、TVやビデオ見たり(ほとんどスポーツ(^^;))というのが多いもので(苦笑)

そんなわけで起床時間を変えるのは難しいけど、早く就寝して睡眠時間を十分にとることは意識的に行うことにしました。

さて、朝のラントレをどうしようか?

これが検討課題になってしまいました……(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士