成功体験の大切さを息子から教わった(苦笑)

ビジネス書籍を読んでいると、よく「成功体験をしていきましょう」「小さな成功体験の積み重ねが大切です」といった言葉を目にします。

「そうだよなぁ」とか「たしかに」と思いつつ、「本当に小さな成功体験が役に立つのかなぁ?」なんて思うこともありました。

それが最近、3歳の息子に「本当に大切だ!」というのを教えられました(苦笑)

「オムツ卒業」がなかなかの難関(苦笑)

3歳7か月の息子。つい1か月前までは「24時間オムツ状態」でした。

8月頃からパンツトレーニングをしても速攻で失敗。早い時には、パンツに履き替えて約2分後にドバーッと漏らしていました(苦笑)。そんなこともあって「まだ時期尚早かな」と判断し、しばらく様子を見ていました。

ところが10月に入ってから、保育園のお友だちに刺激されたのか、保育園で「おもらしせずに過ごしました~」との報告を受けることが増えました。きっと保育園の先生方がこまめにチェックしてくださっていたのでしょう。

そして、

「おうちでもパンツはく!」

と本人が言うようになったので、家でのパンツトレーニングを再開しました。

それでもまだ少し心配なので

「おしっこしたくなったら、すぐに言うんだよ」

と念押し。本人(息子)も「うんっ!」と、なぜか自信ありげな表情(笑)

そうしてしばらくすると、

「パパ~! おしっこぉ~!!」

という、私への指名付きの呼び出し(笑)。
急いでトイレに連れて行って無事に成功しました。

ちなみに「おまる」は使用していません。
用意してあるのに使ってくれません(苦笑)

そんな成功が1度ならず2度、3度と連続していたので、だんだん私も

「○○(息子の名前)、すごいじゃんかぁ!やるじゃ~ん!かっこいいぞ!」

と必要以上に褒めちぎるように(笑)

すると、息子はドヤ顔で親指を立てていました(笑)

そのポーズ、どこで教わったんだ?(苦笑)

そうして約半月、失敗頻度がかなり少なくなりました。
4日に3日はノーミスっていうぐらいの成功確率。

夜寝る時だけは、さすがにまだオムツですが(笑)

成功体験が自信を高めている

息子からは、

「小さな成功体験でも、それが自信につながるんだなぁ。その自信がさらなる挑戦への一押しだったり、成功の助けになるんだなぁ」

っていう、当たり前かもしれないけど、同時に大事なことを教わっています。

息子のトイレで用を足している時の表情に、「どや」感が日に日に増してきているもので……(苦笑)

きっと私や妻に褒められて自信をつけてきているんだなぁ、と。

つい1か月前までは「うちの息子は大丈夫か?」という心配もあったのですが(苦笑)、この1ヶ月で激変して、親である自分も驚きです。上の娘は「徐々に」できるようになっていったこともあり、違いも感じています。

やっぱり成功体験は大切。どんな小さなことでも積み重ねていった方が良いと分かりました。

「褒めれば伸びる」というのが改めてよく分かったので(笑)、子供にはたくさん褒めるようにしようと思います。

いつまでも子供たちに「ブリー隊長」とか言われるのもイヤだし(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする