BlackBerry ClassicとPassportが日本の店舗で発売と聞いたので、店頭で見て来た♪

BlackBerry ClassicとBlackBerry PassportのSIMフリー端末が正規代理店販売されることになったそうです。

ネットで探してみたら、どうもビックカメラで発売されている(10月14日発売)とのことだったので、有楽町に見に行ってきました。

「既に買っちゃってるし、同じ端末を見てもしょうがないんじゃない?」というツッコミがありそうですが(笑)、どんな様子か知りたいし、それとPassportはどんな感じなのかも確認したかったのです。

Classicの価格は私の購入時よりちょい安。でも痛くない(笑)

BlackBerry Classicの価格は49,800円(税別)と、私が今年3月に購入した時(57,800円)に比べて8,000円安い価格でした。

でも、全然痛くもかゆくもありません。
強がりではなく(笑)、この7か月間でいろいろアドバンテージを得られたからです。

これまでも発売して間もないタイミングで海外SIMフリー端末を購入してきましたが、その度に

「早くから使える」

「新機能を早く知ることができる」

「ドヤ顔で見せることができる(笑)」

というアドバンテージを得ていて、それを今回も享受できているからです。

Passportも良いけど、やっぱりトラックパッドが欲しい

Passportも見ました。価格は64,800円(税別)と、Classicよりも高めです(それでもiPhoneに比べれば安い安い)。

サイズが大きめなのは知っていましたが、実機を見ると確かに(苦笑)。メール、ネットの端末として見ればちょうど良いけど、ケータイ電話端末として見ると、ちょっと大きいかなぁという印象。でも、これはこれでカッコいいです。

唯一残念というか、自分がPassportではなくClassicを選んだ理由の一つでもあるのですけど、トラックパッドがないんですよね……。

「タッチすりゃいいじゃん」って思うかもしれないけど(苦笑)、メモを書いたり文章を編集したりする時やコピペの選択の時に、書き出しの場所を上手くタッチで指定できないことがよくあるのです。

トラックパッドだと、PCのトラックパッドと同じ感覚でピンポイントで場所を指定できるので、非常に便利なのです。QWERTYキーとの位置関係も絶妙で、親指でラクに操作できるのも良いのです。

Passportの実機を見て、「やっぱりトラックパッドは重要だ」と再確認しました。

実機をいじっている人はいなかった(苦笑)

サラリーマンの昼休みが終わった時間帯に行ったからだと思いますが(そう思いたい)、実機をまじまじと見たり触れたりしている人が私以外にいませんでした(苦笑)

私なんか、自分のBlackBerry Classicでお店のBlackBerry Classicを撮影していたし(苦笑)

iPhone6sが発売されて間もないし、タイミングがイマイチかも。でも、QWERTYキー付き端末は他にはないかも「おっ!?」と目を引きやすいかなぁとも思ったり。

希望的観測(笑)

終わりに

代理店のこととか詳細をまだ理解していないけど、保証期間は購入日から12か月間あるようです。これから買う人にとっては、「保証付き」は心強い存在では、と思います。

BlackBerry Bold 9900を使っていた人(いる人)は、ClassicやPassportに買い替えるのもテだと思います。「ドコモ縛り」からも解放できます。

初めは漢字変換に苦労するでしょうけど(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士