ラグビーW杯。ボーナスポイントよりも「3勝目」を!

ラグビーW杯のグループリーグも終盤。日本は最後にアメリカと対戦します。

「アメリカ」っていうだけで強そうなイメージがなきにしもあらずですが(笑)、アメリカのフィジカルエリートはほとんどがアメフト(NFL)、バスケ(NBA)、個人競技ならレスリングやボクシングに行きます。最近はサッカー人気も高まっていますけど、ラグビーは変わらずドマイナーです(苦笑)。

それもあってか、ここまで1勝もしていないし、全試合完敗です。

これまで日本が発揮してきた力をちゃんと出せれば、手堅く勝てると思います。でも、へんな「色気」というか「勝ちに徹しない」試合をしようとすると、苦戦するし、勝敗までひっくり返されるかもしれません。

日本は、まだ余裕を出したり「遊び」が出来るほどの強さではないと思っています。

決勝トーナメント進出は難しい。でも?

南アフリカが初戦の日本戦には負けたものの、それ以降は目を覚ましたかのようにボロ勝ちしまくったため、既に1位通過での決勝トーナメント進出を決めました。

残る1枠は、土曜日のスコットランドvsサモアの結果次第。スコットランドが勝てば(点差に関係なく)、2位通過はスコットランドに決定します。

日本代表は自力での突破が不可能だし、アメリカ戦でボーナスポイントを獲ることも通過のカギになるかもしれません。

でも、とにかく勝ってほしい。3勝目をあげることにこだわってほしい。
それが、個人的な思いです。

十分に素晴らしい活躍をしたし、「次」につながる戦いだった

今でこそボーナスポイントがどうたらこうたら言うようになったけど、大会前に日本がスコットランドと2位争いをするなんて誰が予想していたでしょう?南アフリカに勝つことなんて誰が予想していたでしょう?ボーナスポイント制の存在を知っていた人がどれだけいたでしょう?

「○○まで行けるぞ!」とか「××には勝てるぞ!」と勢いに(調子に?)乗るのは良いけれど、勝負の世界は甘くないし、勢いだけでは限界がある世界です。

去年のサッカーW杯で散々思い知ったはずです。

私は大会前、「南アフリカとスコットランドにはどうあがいても勝てない。サモアとはいい勝負ができれば、アメリカに勝てれば十分良い」と思っていました。これまでの日本代表の成績を考慮すれば、地に足の着いた予想だったと思っています。

それがそれが。優勝候補の一角、南アフリカと強豪常連国のサモアに勝利。スコットランド戦も結果こそ完敗だったけど、前半彼らは慎重にPG(ペナルティ・ゴール)で刻むことを選択していたのです。

もうここまでの戦績、戦いぶりでも十分に素晴らしい、「期待以上」の結果だと思っています。

アメリカ戦に勝って「3勝1敗で敗退」でもいいです。
むしろ「誇らしい敗退」だと思います。

「日本強かったじゃん!え!? 次の大会って日本が開催国なの!? 次は日本、もっと強くなってるんじゃない?」

ぐらいのインパクトは既に世界に与えたと思います。
十分「次」につながると思います。

終わりに

今大会の日本代表は本当に素晴らしかったと思います。初戦から感動したし、熱く興奮する試合の連続でした。

まだ終わってないですけど…(^^;)

最後のアメリカ戦、とにかく勝って終わってほしい!

ドヤ顔でもいいので(笑)、堂々と胸を張って帰国してほしいです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士