開催国イングランドがまさかの敗退。これは「厳しい現実」なのかも・・・

熱戦が繰り広げられているラグビーW杯で、開催国イングランドのグループリーグ敗退が決定しました。

優勝経験もある母国イングランドが、しかも地元の「聖地」トゥイッケナム・スタジアムでオーストラリアに完敗でした……

オーストラリアにとっては「12年前のリベンジ」だった

試合はスコア(13-33)が表すように、オーストラリアの完勝でした。トライ数もペナルティゴール数も「イングランド<オーストラリア」で、文句のつけようがない感じでした。

この試合、オーストラリアからすれば「12年前のリベンジ」だったのかな、と思っています。

イングランドが初めてW杯で優勝したのは12年前の2003年大会。開催国はオーストラリアで、決勝の相手もオーストラリアでした。

オーストラリアは地元開催で連覇&通算3度目の優勝を目指して決勝まで進んで、あと一歩のところでイングランドに負けたのです。名キッカー、ジョニー・ウィルキンソンの劇的なドロップゴールで。

オーストラリアは準決勝で「オールブラックス」ニュージーランドに完勝して、「こりゃあオーストラリアだろう」と自分も思っていました(ちなみに決勝ではイングランドを応援していました(^^))。負けたオーストラリアにとっては相当ショックだったことは容易に想像できます。

ちなみに当時のオーストラリアの監督は、現日本代表監督のエディ・ジョーンズさんでした。

全局面で負けていた印象・・・

イングランドがウェールズに負けた時点で「やべーじゃん…」と思っていたのですが、実際にオーストラリア戦を見ると仕方ないように思いました。

スクラムやモールでの馬力や突進力、スピード、パスワーク、フットワーク、キック精度等、どれをとっても「イングランド≦オーストラリア」でした。オーストラリアよりも「明らかに上回っている」という要素がないように感じました(観客の後押しぐらいか)。

強豪国同士なので「圧倒的な差」はなく、数字にしてみてもほとんどが僅差なのでしょうけど、でも勝てていないなぁと。それがスコアになって出たように思います。

イングランドではグループリーグ敗退のショックが大きいでしょうけど(それでも去年のブラジルよりはマシかも)、それ以上に「厳しい現実」を感じているかもしれません。

代表の「フットボール」チームが両方とも不振という現実

イギリス生まれの「フットボール」であるサッカーもラグビーも両方とも不振だからです。

サッカーの代表は早々に来年のEURO本大会の切符を手にしましたけど、それでも「本大会で優勝できるか?」となると、明らかにビミョーです。

去年のW杯で「1分け2敗」でグループリーグ敗退したのは記憶に新しいです。W杯では、1990年イタリア大会の4位を最後にベスト4進出がなく、EUROでも地元開催だった1996年大会でのベスト4を最後にベスト4進出はありません(そういえば、イングランドがW杯で優勝した大会は地元開催でした)。

ついこないだまでは、スター選手が代わる代わる出てきていたように思ったのですが(ストライカーで言えば、ギャリ―・リネカー → アラン・シアラー → マイケル・オーウェン → ウェイン・ルーニー)、ルーニーを最後に「これは!?」と思わせる選手が出てきていません。出てきても小粒感があります……

「イングランドは今後50年、ワールドカップで優勝できない。」なんて言う人もいますし、サッカーでのイングランドの将来は今のところあまり明るくないように思います。

サッカーが不振でも、ラグビーで強ければそれで良かった部分もあったでしょう。

「フィジカルが本当に強いイングランド人は、ラグビーをやってるんだぜ!」みたいに言えたでしょうし。

でも、そのラグビーでもW杯で

2003年大会 優勝

2007年大会 準優勝

2011年大会 ベスト8

2015年大会 グループリーグ敗退

と、衰退傾向が見られます。

日本人の自分が感じるのですから、地元イギリスの人は相当「マズイんじゃないの」と思っているのではないでしょうか。

終わりに

イングランドは地元開催の大会で早々に敗退するので、そのショックだけでも大きいでしょうけど、長い目で見た「ヤバくない?」っていう危機感も同時にあるだろうなと思います。

今のイングランドは、サッカーでもラグビーでもフランスに敵わないのでは……

とりわけサッカーでは、ルーニーに次ぐ(というか、ルーニーを超えそうな)若手が出てきてほしいものです。

それにしてもルーニーって、もうすぐ30歳になるんですね。17歳になる直前のエヴァートン時代に決めたアーセナル戦のミドルシュート(ドリブルシュートで巻いて決めたやつ)が未だに記憶に焼き付いています。あのゴールから始まったんですよね。

あれからもう13年経つとは……

歳をとったものです。ルーニーも自分も(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士