「プレミアリーグ勢はCLで不振なのか?」について考えてみた

欧州チャンピオンズ・リーグ(以下、CL)のグループリーグ第2節が終わりましたが、どうもイングランドのプレミアリーグ勢が不振だと言われています。

「でも、これってプレミア勢だけかなぁ?他もまだ好調とは言えないんじゃないかなぁ?」

と思うところがあるので、状況や要因について考えてみました。

まだCLの試合をしっかり見ていないけど(苦笑)

「プレミアリーグ勢だけ」ではない

ニュース記事を見ていると、プレミアリーグ勢の不振が多く取り上げられているようですけど、他のリーグと比べてどうなのでしょう?

ということで、出場チームが4以上あるリーガ・エスパニョーラ(スペイン)、ブンデスリーガ(ドイツ)をサンプルに比較してみました。

プレミアリーグ

出場チーム:チェルシー、マンチェスターC、マンチェスターU、アーセナル

第2節終了後の合計成績: 3勝5敗0引き分け

合計勝ち点:9

リーガ・エスパニョーラ(スペイン)

出場チーム:バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、バレンシア、セビージャ(※バルセロナは前回優勝チームとしての出場)

第2節終了後の合計成績: 6勝3敗1引き分け

合計勝ち点:19

ブンデスリーガ(ドイツ)

出場チーム:バイエルン、ヴォルフスブルク、ボルシアMG、レヴァークーゼン

第2節終了後の合計成績: 4勝4敗0引き分け

合計勝ち点:12

たしかにイマイチ(苦笑)

でも、ブンデスリーガとあまり変わらないかな、とも思います。

この要因は何だろう?というのを考えてみました。

主力選手のケガ

これはあると思います。

アーセナルならマシュー・フラミニやトマシュ・ロシツキ―、ダニー・ウェルベックジャック・ウィルシャーらが欠場しているし、チェルシーではGKのティボー・クルトゥワが欠場しています。マンCも、ヴァンサン・コンパニーやダヴィド・シルバ、ヤヤ・トゥーレあたりの主力が万全のコンディションではありません。マンUも、マルコス・ロホやルーク・ショーが欠場中です。

選手のコンディションが万全ではないというのは要因の一つかなと。

でも、それを言うと「バイエルンはどうなんだ?」となります。

フランク・リベリ―とアリエン・ロッベンをケガで欠いていても爆発的な得点力を誇っているし、メディ・ベナティアとホルガ―・バトシュトゥバーのCB2人を欠いても守備の脆さを見せていません。

そう考えると「ケガだけではないよなぁ」とも思います。

「チーム」が出来上がっていない

これが一番大きいんじゃないかと思います。

毎年選手の移籍が激しいです。カネにモノを言わせていい選手をガンガン獲得するチームもあるし、反対に放出した選手の代わりを補強したり。夏に移籍市場が終息して、まだ10月に入ったばかり。チームとして固まってないのは当然ではないかと。

「でも、他のリーグのチームも一緒じゃない?」

その通り。でも、プレミアリーグの4チームは、他の国よりも選手(特に即戦力の選手)の獲得が遅かったように思います。

チェルシーにペドロ・ロドリゲスが加入したのは8月20日、マンCにケビン・デ・ブルイネが加入したのは8月末、マンUにアントニー・マーシャルが移籍したのも9月1日、GKダビド・デ・ヘアの移籍のゴタゴタが終わったのも8月末、ちょうど1ヶ月前のことです。

チームとしての完成度は相対的に低いでしょう。夏のキャンプもまともに出来なかったわけで、選手間の意思疎通も万全ではありません。

チームとしての完成度を100点満点で評価するなら、今はまだ65~75ぐらいではないかと。

レベルが少し下がる国内リーグでならそこそこできるだろうけど、各国のリーグ上位チームが集まるCLでも同じようにはいかないよね、ってことです。

ちなみに、ブンデスリーガではボルシアMGの「0勝2敗0引き分け」が目立っています。これはそもそものチーム力が不十分なのかなと。バイエルンの選手層と比較すると一目瞭然だし、「CL常連チーム」というわけでもないし。ここから巻き返してほしいです。

もう少し時間はかかるし、遅いかもしれない…

毎年のことでしょうけど、コンディションも含めてチームの状態が良くなってくるのには時間がかかります。主力や軸となるポジションを動かしたチームは特に。

12月頃にはプレミア勢も(バイエルン以外の)ブンデスリーガ勢も十分な力を発揮できるかな、と思いますけど、それまでにそこそこの成績でないと「時すでに遅し」になるかもしれません……

逆に言うと、スタートダッシュが上手くいっている他国のチームは、今がチャンス。個人的に「プレミア勢もブンデスリーガ勢も、4チームも要らないかな」と思っているので(笑)、どんどん勝ってほしいところです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士