ラグビーの「ボーナスポイント制」。あってもいいし、サッカーにも適用してもいいのでは?

ラグビーのボーナスポイント制に関する、こんな記事を見かけました。

<ラグビー>南アに勝っても決勝T進出が難しいボーナスポイントの是非

ラグビーW杯では、ボーナスポイント制がネックになって日本がこのままサモア、アメリカに連勝しても決勝トーナメント進出が難しい。後々、この制度の存在の是非について議論が起こりそう。

ということのようです。

ラグビーの「ボーナスポイント制」とは?

簡便的に、サッカーとの比較で行ってみます。

サッカーの場合、総当たり戦では

  • 勝ち=勝ち点3
  • 引き分け=勝ち点1
  • 負け=勝ち点ゼロ

を獲得して、勝ち点が多い順に順位が決定されます。
(勝ち点同数の場合は、得失点差→総得点数→直接対決の結果→…のような感じで決定します)

一方、ラグビー(特に、今回のW杯)の場合は

  • 勝ち=勝ち点4
  • 引き分け=勝ち点2
  • 負け=勝ち点ゼロ

を獲得します。ここまではサッカーと似ています。

しかしラグビーでは、これに加えて「ボーナスポイント」があり、

  • (勝ち負けに関係なく)1試合で4トライ以上する=勝ち点1
  • 7点差以内の負け=勝ち点1

を獲得できます。

つまり、南アフリカ、スコットランド戦を終えた段階での日本のように、「勝ちは辛勝、負けは完敗」という状況よりも、南アフリカ、スコットランドのような「勝ちは圧勝、負けは惜敗」のような状況の方が有利なのです。

具体的には、南アフリカは日本に負けましたけど、「1試合4トライ」プラス「7点差以内負け」で勝ち点2をゲットしています。負けたとはいえ、引き分けと同等の勝ち点だったのです。スコットランドも先の日本戦で「4トライ」の勝ち点1を追加ゲットしています。

なので、この分日本はハンデを背負っていることになります。

たしかに日本不利だけど

たしかにこのまま日本が連勝すれば、日本、南アフリカ、スコットランドでの2位以内争いになり、圧勝が多い南アフリカ、スコットランドに分がありそうです。

でも、だからといってそれで「ナンセンスだ」とかルール批判するのは違うかな、と思っています。

「なぜこんなルールができたのか?」を考えると、

「リーグ戦を面白くするため」

これしかないと思っています。

「1試合4トライ以上」のボーナスポイントがないなら、わざわざ格上の国が格下の国相手に積極的にトライを狙う必要はないわけで、ペナルティゴールやドロップゴールの3点を刻んでいけばいいわけです。グループリーグの先にある決勝トーナメントを見据えて、選手が負傷するリスクを考えれば、キックで小刻みに得点を重ねればいいわけです。

でも、そんな試合が続いたらつまらない。

だから、「もっとアグレッシブにさせよう」という意図だったのでは?

「7点差以下での敗戦」も同様です。試合序盤で10点以上リードを奪われたら、けっこう心が折れやすくなるのでは?でも、「7点差以下にすれば勝ち点1をゲットできる」となれば、簡単にあきらめないと思うのです。

サッカーにも「ボーナスポイント制」はあってもいい!

個人的にはサッカーにもボーナスポイントがあってもいいと思っています。

現行の勝ち点制だと、どうしても試合終盤に消極的になりがちです。得点が難しそうだと、お互いが「失点しなきゃいいや」というモードになるし、1点でもリードすれば同じように「1点差でも勝てばいいや」モードになります。

「勝ち」と「引き分け」の差も、もう少しあってもいいと思います。

勝手に考えてみたのですが、例えば

  • 勝ち=勝ち点4
  • 得点のある引き分け=勝ち点2
  • 無得点の引き分け=勝ち点1
  • 負け=勝ち点0

で、ボーナスポイントとして

  • 3点差以上の勝利=勝ち点1
  • 2点以上獲ったけど敗戦=勝ち点1

にするとか。

これだと、得点に対する意識は高まるし、「勝ち」と「引き分け」の差も大きいし、「1点差で逃げ切る」ことに消極的(点差を広げることに積極的)になるのではないかな、と思うのです。

個人的な妄想ですが(苦笑)

まとめ

ラグビーW杯での日本代表の行方がルールによって左右されるかもしれないのは確かですが、それだけを理由に「ルールが良くない」と決めつけるのはどうかなと思っています。「日本だけが不利になる」というルールでもないはずです。

ボーナスポイントがなかったら、日本戦のスコットランドは、後半になってもずっとペナルティゴールばかり狙っていたでしょう。

「チーム(選手)に積極的になってもらう ≒ 試合を面白くする」ためのルールだと思うので、私は良いと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士