「型」というか「ルーティン」というか、プレー前のスタイルは独自性がすごく出る

昨日のあの試合から、私の中でラグビーW杯熱が一気に沸騰しています(苦笑)

今大会は開催国がイングランド。「ラグビーW杯」「イングランド」というキーワードで私が真っ先に思い出すのは、2003年のW杯で優勝した時。

名手ジョニー・ウィルキンソンのキックがキレキレの時でした。

ウィルキンソンのキック前の「構え」

当時、ジョニー・ウィルキンソンという選手がいたのですが(既に引退)、キックの精度が抜群に高い選手でした。ペナルティゴールやコンバージョンで蹴る際のプレースキックでバンバン決めていました。

ドロップゴールも正確でした。強豪国同士の拮抗した試合だとドロップゴールも大事な得点源なのですが、03年大会決勝戦での優勝を決めたドロップゴールは、当時生中継で見て「うわ~!」と声を上げてしまったものでした(苦笑)

話は少し横道にそれましたが(苦笑)、そのウィルキンソンがプレースキックを蹴る前にする構えが独特で、当時強烈に印象に残っていました。

これです。

蹴る前に必ず、両手を前で組むのです。「拝む」というよりは、「これから何かシェイクするのか?」っていう感じの構えです(笑)

推測ですが、こんな効果があるのかなと思います。

  • 深呼吸を促し、心拍数を下げて落ち着ける
  • 集中力を高めて、ゴールの枠に焦点を合わせられる
  • 一連の動作を定型化することで、パフォーマンス(キック精度)を安定化させる

そしてこの構え、今の日本代表の五郎丸選手も同じです。
ウィルキンソンの影響でしょう(笑)

でも、それが良いのだと思います。憧れの選手の真似が上達の早道なのは、自分もいろんなスポーツをしていて実感することが多いからです。

他のスポーツでもいろいろある

こういうプレー前の「型」というか「ルーティン」は(以下、「ルーティン」で統一します)、他のスポーツでもよく見られます。

サッカー

  • CR7はFKを蹴る前、足を気持ち大きく開いた仁王立ちの状態になって精神統一&狙いを定める
  • マルコ・ファンバステンはPKを蹴る時、チョンと軽く両足ジャンプをしてから助走に入っていた
  • ホベルト・カルロスはFKを蹴る時、助走距離を大きくとるけど、助走時にタタタタッと少しだけ小走りをしてボールまでの歩幅を合わせてキックに向かっていた

等々

NBA

  • マイケル・ジョーダンはフリースローを投げる時、両手でボールをクルクルッと縦回転させてからフリースローのモーションに入っていた
  • カール・マローンはフリースローを投げる前、ブツブツと何かつぶやいてからシュートしていた(何を言っていたかは未だ不明。呪文かもしれないけど(笑)、いつも同じ言葉ではなかった)

等々

MLB

  • イチロー選手は……(説明不要だと思うので割愛します(笑))

探せばいろいろあるはず

テニス

  • イワン・レンドルは、ワンプレー終える都度ラケットのガットの状態を確認していた
  • ボリス・ベッカーは、自分がサーバーの時はワンプレーを終えてサーブに向かう時は必ずボールをラケットでドリブルしていた

等々

「ルーティン」をやる理由は同じ(なはず)

いろいろな競技で一流選手がそれぞれの「ルーティン」をやっているけれど、目的というか理由はほぼ同じでしょう。上にも書きましたけど、

  • 深呼吸を促し、心拍数を下げて落ち着ける
  • 集中力を高めて、ゴールの枠に焦点を合わせられる
  • 一連の動作を定型化することで、パフォーマンスを安定化させる

ということだろうと。

プレーに入る前の行動・動作がまちまちだとパフォーマンスにバラつきが出がちになるし、そうなるとメンタル面でのコントロールも難しくなります。

選手によっては「ゲンがつぎ」的なことが発端なのかもしれないけど(笑)、パフォーマンスを安定化させることに役立つのは確かではないかと。トップクラスの選手が揃って「何か」をやっていますからね。

終わりに

これは、日常生活や仕事においても使えると思います。
いや、既に自然とやっているのかもしれません。

毎日ある店の同じコーヒーを一杯飲んでから仕事に取り掛かったり、

プレゼン前に、トイレでヘアスタイルや表情をチェックして、ネクタイをギュッと締め直してから臨んだり、

試験や大会等、大事な「勝負」の日の当日は、会場への移動中に必ず「ある音楽」を聴いたり、

とか。

自分がやっていることも、上記の中にあります(笑)

普段無意識にやっている小さな「ルーティン」も、実はけっこう大事なのではないかと感じました。

日本代表の大金星に感動しながら(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士