OAKLEY最新スポーツ用サングラス「RADAR EV」をラントレに使用した

先月、旅行の時に購入したOAKLEYサングラス「RADAR EV」。
最新モデルにして私の「新・勝負サングラス」(笑)を、トレーニング(ラントレ)に使用してみました。

購入したのはこんなカラー&レンズ

日本ではまだ購入できない「RADAR EV」のカスタムモデルを購入しました。

フレーム:Neon Pink

アイコン:Team White

イヤーソック:White

レンズ:PRIZM ROAD(Path)

という組み合わせ。しめて210ドルでした(先日書いたとおり)。
http://www.daimrkm.com/2015/08/27/oakleysunglass-purchase/

ピンク色のフレームは「RADAR」でも持っています。しかし、2012年のアイアンマン世界選手権(トライアスロン)でプロ選手が使用したピンク色の「RADARLOCK」がすごくカッコ良くて、「これだ!」とずっと思っていたのですが、発売されることなくカスタムでも作れず……

(どうも乳がん撲滅キャンペーンの一環で、ピンクリボンにちなんで作成されたもののようです)

今回「RADAR EV」で、ようやくそれに近いピンクのモデルがカスタムできるようになったのでカラーリングは即決でした。

文句なく良いです。ピンクだと女性モノっぽいけど(苦笑)目立つし、自分がよく着るウェアの色(黒や白や黄色)にも生えます。赤にも青にも合いそうです。

「RADAR EV」を使ってみた印象(「RADAR」と比べてみて)

細い

装着した時に感じた第一印象は

「細いな」

でした。

ステム(側頭部と接触する部分)が「RADAR」に比べて細いです。「RADARLOCK」も「RADAR」から細くなっているのですが、「RADAR EV」はほぼ「RADARLOCK」と同じようなホールド感です。

ホールド感をしっかりさせたい自分としては、「RADAR」のような太めのステムの方が良いなと思っています。

上方向の視界がちょい広いかも

装着して目線を上に向けると、サングラスのフレームが見えるので、フレームカラーが視界に入ることがあります。これが「RADAR」の時よりも、きも~ち入りにくくなった、つまり視界が広くなった感じがします。

なので、自転車やランでもアゴをしっかり引いた姿勢で走行する人には、視界がしっかり確保されて良さそうではあります。

ただ、あまり大きな違いは感じません。個人的には「RADAR」でも十分視界は広いと思っています。

軽くて使い心地は良い

「RADAR」と違いを感じるのは上記2つですが、使用感は「RADAR」と変わらず良い印象でした。走っていてサングラスが動くことはなく(ちゃんとホールドされている、という意味)、「RADAR」と使用感を比べてもほぼ違和感なしでした。

「新・勝負サングラス」認定(笑)

もしもランでの使い心地がイマイチだったら、レース用にするのはやめてトレーニング用にするか他の用途にしようかな、とも思っていたのですが、どうやらいけそうです♪

まだ日本ではカスタムできないモデルだし、よほどのことがない限り他の人とカブることはないかなと。いつまでそんな状態が続くか分からないけど(笑)

いつもレースでは予備も用意しているので、カブっている人を見つけたら、すぐさまそっちに替えちゃいますけどね(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする