メイウェザー引退試合(?)まであと1週間。勝敗予想はやっぱりベタベタ(苦笑)

気がつけば、フロイド・メイウェザーJrの引退試合(?)まで残り1週間ほどになりました。

「(?)」としているのは、本当に引退するのかどうか分からないからです(笑)

ボクシングファンの間でも自分の中でも今一つ盛り上がっていないのは、前回のパッキャオ戦で「燃え尽きた感」があるからなのかもしれません(苦笑)

「消化試合」にしか見えない(笑)

このアンドレ・ベルト戦、直前の今でも「消化試合」にしか見えません(苦笑)

49戦目でロッキー・マルシアノの無敗記録に並ぶこともそうだし、「SHOWTIME」社との放映権契約が切れる最終戦でもあるので、「無難に勝てそうな相手を選んだのかなぁ」というのが垣間見えるというか(笑)

ただ、もう強い相手とやり尽くしたのは事実だし、パッキャオと戦った以上、さらに望めることはないのかもしれません。

例えば、現WBOウェルター級チャンピオンのティモシー・ブラッドリーとやっても良いんじゃないかと一瞬思ったけど、ブラッドリーもまた「判定上等」のボクサーなので一層「試合の塩分(しょっぱさ)」が増してしまうかな、と(苦笑)

やっぱり多少は好戦的で、「絶対メイウェザーを倒してやる!」っていう意気込みの強い選手じゃないとなぁと。

そうなると、これまでに対戦したことのないボクサーでは、いないですね(苦笑)。パッキャオ、マイダナ、アルバレス、ゲレーロ、オルティス、マルケス、コット…みんなやっちゃいましたからね……。

敢えて挙げるなら「パッキャオとのリマッチ」しかないのかなと。ただ、これはこれで契約までが大変だし、パッキャオの負傷の回復まで時間がかかるし、ファンの盛り上がりは前回より確実に下がるだろうし(「前回と同じような感じになっちゃうんじゃないのか?」という懸念から)。

やっぱりもう潮時なのでしょうね……

勝敗予想

書く意味ないかもしれないけど(苦笑)、

メイウェザーの大差判定勝利(ヘタすると120-108のフルマーク)

と予想しています。

12ラウンドをフルに使って、卓越したディフェンス技術を見せつけるでしょう。ボクサー目線では「うわー、スゲーなぁ」とか「速いなぁ」と思うのですけど、バチバチのファイトを期待しているファンにはイマイチな展開になるだろうなぁと。

メイウェザーが負けるとすれば、本人の油断とかミスとか慢心しかないだろうと思います。「ベルトが豹変して、メイウェザーを上回る速さ・強さを見せる」というのは考えにくいですね(笑)

何度見てもメイウェザーのディフェンスは凄いです。速い。

(ディフェンスならパーネル・ウィテカーやジェームズ・トニーも凄いですけど)

でも、そんなメイウェザーがリアルタイムで見られるのは今回が一応最後かもしれないので、しっかり見ておこうと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士