旅行先のラントレでペースが落ちるのはなぜなのか考えてみた

国内の出張でも海外への旅行でも、旅行先ではラントレをしてきており、今もしていますが、必ずと言っていいくらい走るペースが落ちます。

数字にして、キロ当たり30秒〜1分くらいはペースが遅くなります。

意識的に落としているわけではなく、いつもと同じような感覚で走っているのに、です。

「なんでだろう?」というのを、走りながら考えてみました。

1. 食べ過ぎて身体が重くなっている(笑)

10年以上前ならあったかも(笑)

でも、今の自分にはほぼないです。食べ過ぎると身体が重くなることは、身をもって何度も経験しているので、あまり食べ過ぎないように注意しているし、気合いを入れて食べる時は、その前に必ず走っておきます。

あと、ガッツリ食べた時は、その後遅い時間に「シメ」とかを食べないようにしているので、それも良いのかもしれません。

忍耐力が試されるけど(笑)

2. 旅行(出張)疲れで足取りが重くなっている

人によるけど、自分はこれではなさそうです。

出張だとたしかに疲れるし、旅行でも疲れることはあります。でも自分の場合、しっかり眠ってリフレッシュした朝走るので、疲れは違うかな、と。

夜走る場合ならありえます。飲んだ後ならなおさらです(笑)

3. 初めての道なので無意識に慎重になっている

自分の場合、コレなのかもしれません。あまり意識していないけど。

旅行先では道に迷うことがないように、走るコースは曲がる回数を極力少なくしますが(一直線のコースも多いです)、初めてゆえに慎重になっているのかもしれません。

ヘンな人たちに襲われたらどう対処するか、どこへ逃げるか、とか、不審な車が来たらどうするか、とか。

考え過ぎ?(苦笑)

4. 周りをいろいろ眺めながら走っている

コレは思い当たります。
ていうか、今回も走りながらあちこちをキョロキョロ眺めています(笑)

天気は良いし、風も心地良いし、周りの自然や街や人も、視界に入るもの全てがいつもと違うので刺激的です。

いつものコースだと、まっすぐ前を見てただただ走るだけだけど、旅行先では視覚的にも楽しめるのが違いの一つです。

まとめ

旅行先のラントレでペースが遅い場合、人それぞれの原因があると思います。
上記の1の人も2の人もいるでしょう。

でも、こうして考えてみると、「しょうがないじゃん」って思うものばかりなので(笑)、気にせずランを楽しんじゃえばいいんだな、と改めて思いました。

そんなわけで、開き直って遅いペースでチンタラ走っています(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士