メイウェザー最後の相手はベルトに決定。本当に最後?

フロイド・メイウェザーJrの最後(?)の対戦相手がアンドレ・ベルトに正式に決定したようです。

無敗の王者メイウェザー、最終戦の相手にベルトを指名

WBCのウェルター級とスーパーウェルター級の2本の「ベルト」を持っているメイウェザーの相手が「ベルト」ということで非常に分かりにくいですが(笑)、「ベルト」という選手(英語で書くと、Anre Berto)が次戦の相手ということです。

mayweather-berto

「最後の相手」としては物足りない?

ベルトだと知った時、

「マジで?ちょっと物足りなくないか?」

と思ったのですが、マニー・パッキャオと対戦した後なので、誰が相手になっても同じ印象になってしまうかなぁと(笑)

アミア・カーンがしきりにメイウェザーに対戦をアピールをしていましたけど、カーンでも軽くあしらわれそうだし、メイウェザー本人にも相手にされていないという状況のようで(苦笑)。「同じ階級に他に誰かいるかなぁ」と眺めてみても、パッと浮かぶ選手がいないなぁと……

現役チャンピオンにWBOウェルター級のティモシー・ブラッドリーがいるけど、メイウェザーとやったら間違いなくしょっぱい試合になりそうだし(笑)

もう「やり尽くした」感がありますね。パッキャオ戦で。

敢えて「勝てそうな相手」を選んだ?

「勝てそうな相手を選んだんじゃないの?」という声も出てきそうです。

ベルトは直近の5試合で2敗しています。どっちもタイトルが懸かった試合だし、ボロ負けではなかったものの、「メイウェザーを倒せそうか?」となると、やっぱり「う~ん……」なんですよね……

メイウェザーとしても、実際のところ、すでに「クールダウン」モードなのでしょう。
パッキャオと対戦することでファンの期待に応えて、さらにしばらく破られることがないであろう史上最高額のファイトマネーも手にしたので、お腹いっぱいなのではないかと。

唯一のモチベーションはロッキー・マルシアノと同じ「49戦全勝」での引退で、対戦相手は誰でもいいよ、っていう感じかなぁと。

見る側としても、「じゃあ誰がふさわしいのか?」となると、出てくるのは既に対戦したことのある選手ばかりではないかと。

パッキャオとか、ファン・マヌエル・マルケスとか、ビクター・オルティスとか、サウル・アルバレスとか、ロバート・ゲレーロとか、そのあたり?「初対決の相手」に絞ると、やっぱりベルトかカーンなのかなあと思うのです。残念ながら……

早速、勝敗予想します(笑)

もう予想しちゃいます♪

メイウェザーの大差判定勝利

以上!(笑)

もしもメイウェザーがKO勝ちしたら、それはそれで「おお!最後にすごいものを見せてもらった!」と思えばいいわけで、あまり大きな期待はしない方がいいかなと。

技術面でもフィジカルでも、まだまだメイウェザーの方が上でしょう。
39歳になっても相変わらずのスピードとディフェンスなのが凄いのですが。

こう予想すると、ベルトがただの「噛ませ犬」になってしまいそうな感もありますが(苦笑)、本人はやる気マンマンのようです。

「リングに出てフロイドをぶっ潰してやる!マジでそのつもりだ!今まで48人のファイターが失敗してきたことはどうでもいい。誰かが倒されて、それが俺じゃなかったってだけだ」

と息巻いているようなので、「最後の一波乱」も期待したいです。

ところで、このアンドレ・ベルト。お父さんが元MMA選手のデュセル・バットという人なのだそうです

デュセル・バット?「あれ?どこかで聞いたことあるような、ないような…」と思っていたのですが、1分後に「ああ!」と思い出しました。

PRIDEでジャッジやってましたね。お父さん。
AMCパンクレーションのマット・ヒュームさんと一緒に外国人ジャッジを務めていたのがデュセル・バットさんでした。

「なんで「バット」?」と思ったのですが、「Berto」をお父さんの時は「バット」と表記していたのでしょう。

以上、余談でした(笑)

あと5週間。パッキャオ戦前と比べると全然テンションは上がらないけど(笑)、メイウェザーの最後の試合なので楽しみではあります。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士