サイクルロードレースだけじゃない?…気になる陸上ドーピング疑惑報道

昨日、こんな記事を見て「も、もんげ~~~!!!」と、コマさんのようなリアクションをしてしまいました(笑)

『<陸上>メダル146個にドーピング疑惑』

2日付の英紙サンデー・タイムズは、2001年から12年に開催された五輪と世界選手権の、陸上中長距離種目出場選手のドーピング(禁止薬物使用)検査結果を入手し、金メダル55個を含む146個のメダルにドーピングの疑いがあると報じた。日本選手の検査結果も5%で異常な数値を示したとしている。

同紙は国際陸上競技連盟(IAAF)内の情報提供者から、陸上800メートルやマラソンなどに出場した約5000人、1万2000件以上の血液検査データを入手。同紙から依頼を受けた専門家2人が分析した。その結果800人以上が「ドーピングの疑いが強い、または通常(の値)ではない」と指摘。ロンドン五輪10個のメダルが「疑わしい」とした。

「ドーピングの疑いが強い、または通常(の値)ではない」

ということで、明らかにドーピングだと断定できるわけでもなさそうだし、体質によって通常でない値が出ている人も大なり小なりいるのでしょう。分析のこととか詳細がよく分からないので、まだ大騒ぎしなくてもいいのでしょうけど、内容と人数のインパクトが大きいので気になるところです。

業界で(内密に)知られている手法がある?

記事によると、特定の国だけに偏っているわけではなく、あちこちの国で「ドーピングの疑いが強い、または通常(の値)ではない」という選手がいたようです。

五輪や世界選手権のメダリストは、かなりの高確率で競技直後にドーピング検査を受けます。サイクルロードレースでもそうだし、トライアスロンでもそうだし、UFCでもサッカーでも同じでしょう。でも、競技した当時の検査ではひっかからず、今になってデータ解析してみたらそうなったと。

ということは、どこかの国が独自に「ドーピングすり抜け法」を開発しているというわけではなく、陸上界全体で(こっそり)知られている、上手くすり抜けるやり方があったのかも?

とかいう推測も出てきそうです(邪推ですね(苦笑))。

具体的にどういう方法なのかは知る由もありませんが、例えば一定期間だけ尿や血液内の薬物反応が消える(期間を経過すると初めて反応が出てくる)薬物を併用していたとか、(古典的だけど)血液ドーピングをしていたとか、そんな手法でしょうか?自己血輸血だと薬物の反応はないし、分かりにくいでしょうからね。

いずれにしても、憶測でしかないですけどね……

持久系競技もドーピングの威力は大きい

一般的にはドーピングは、100m走のような短距離種目で行われがちだというイメージがあるのではないかと思います。1988年の便所ンソン……いや、ベン・ジョンソンのインパクトが強烈でしたからね。

短距離種目の場合は、筋肉増強系のドーピングが大半でしょう。一瞬でMAXの力を出す競技なので、瞬発力と最大筋力を高める薬物が使われがちです。

一方、長距離種目では筋肉増強系のドーピングが使われることはほとんどありません。代わりに、心肺機能を高める薬物がよく使用されます。

サイクルロードレースが最も有名です。組織的に行われていることもあり、この競技の世界ではドーピングとは「終わることのない戦い」を繰り広げています。つい最近でもランス・アームストロングの件で大騒ぎになっていますし。

なんでサイクルロードレースでドーピングが問題になるかというと、それだけ効果が絶大だからです。3週間で約3,500kmも山上りしたり街を走ったりする過酷なレースなわけで、心肺機能が何らかの方法によって高められるのであれば、選手からすれば喉から手が出るほど欲しいものなのでしょう(私は副作用とかコワイので、使う人の気持ちがよく分かりませんけどね)。

もちろん、検査に引っかかった場合のペナルティは厳しいし、やる側のリスクも覚悟も相当なものだと思いますが、新しい技術や薬物が開発されれば「魔がさす」のでしょう。毎年のように数人の選手が検査に引っかかっています。

こういうことが陸上長距離界でも起こりうるとは思っていました。同じように心肺機能がカギとなるので、魅力も誘惑も同じようにあるのだろうと。

それだけに、こういう記事が出たというのは強烈でした。

まだよく分からないので続報を待つ

まだ「疑い」とかそういう段階だし、どういう分析結果をもとに「疑い」を持っているのか等が分からないので、もう少し様子を見てみようかと。続報を待ちます。

それにしても、陸上界でもドーピング疑惑とは……
サイクルロードレースだけであってほしかったけどなぁ……

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士