ラグビーW杯。「新国立競技場」問題よりも大事なことがあるのでは?

先日、いろいろ問題となっている「新国立競技場」問題に関連して、ラグビーにW杯関するこんな記事が出ていました。

ラグビー協会「痛い」 新国立「白紙」、W杯算段崩壊

建設計画が白紙に戻ったことで、19年秋、日本で開催されるラグビーのW杯では新国立競技場を使うことが不可能となり、急きょ開催計画の見直しが求められることになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メイン会場の代替地については今後、開催自治体や国際統括団体「ワールドラグビー」(WR)と協議を始めるが、多くの関係者は横浜国際総合競技場(日産スタジアム)での開催が濃厚という。WRは開幕戦や決勝会場に求める収容人数の目安を6万人以上としており、7万2千人余りを収容する横浜は要件を満たしている。02年のサッカーW杯日韓大会で決勝が開催された実績もある。

ただ、8万人収容の新国立と比べれば約8千席少なく、平均チケット単価を2万円とすれば、開幕と決勝の2試合だけで少なくとも3億2千万円の収入減が見込まれることになる。横浜で開催するはずだった試合が、より規模の小さな会場に移る可能性なども含めれば、巨額の減収も想定される。日本協会関係者は「いずれ、新国立が抜けた穴の大きさを感じることになるはずだ」と危惧する。

8万人を収容予定の新国立競技場が、東京五輪前年(2019年)に開催されるラグビーW杯に間に合わなくなり、メインスタジアムを他の競技場にしなければならなくなったと。

他の競技場では収容人数が少なくなるので「収容減少数 × チケット単価」の分だけ収入が減ってしまう、ということのようです。

これ自体は確かに計算上はそうなのだろうと思います。

でも、それよりもっと大事なこともあるのではないかとも思っています。

ラグビーW杯への関心が低くないか?

どうも日本におけるラグビーW杯への関心が低く感じられるのです……

先日も書きましたが、今年のラグビーW杯が9月にイングランドで開催されることを知っている人が、周りにほとんどいません。今もまだ……

9月になって開催されれば関心度も多少上がるとは思いますが、先日の「なでしこジャパン」とは違って決勝まで(いや、決勝トーナメントまで)勝ち進むような「大躍進」は期待し難いのが現実です……

「ラグビーのW杯やってる!」と一時的に関心が上がっても、「ああ、負けたか…。世界のカベは厚いね」であっさり終わってしまい、世間の関心が今後につながらない可能性も否定できません。

「そもそも8万人規模の競技場を満員にできるのか?」という疑問

今の日本における関心の低さから懸念しているのは、これです。

現状からは、「競技場のキャパ(キャパシティ=収容人数)が減ってしまって収入が減ってしまう」という以前に、「8万人も観客を集めることができるのか?」という疑問を感じずにはいられません。

ラグビー強豪国(ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、イングランド、フランス等々)から多くのファンが日本に来るでしょうし、開催期間中は日本人に限らず多くの観客が応援すると思います。

でも、「日本人+決勝進出国のファン」で8万人近くも入ってくるかどうかも、どうも疑わしい気がしています。

去年のサッカーW杯を例にとると、決勝戦のドイツvsアルゼンチンは、ブラジルのマラカナン・スタジアムで行われました。

キャパが78,639人のスタジアムに、当日入った観客は74,738人でした。

5年前の南アフリカ大会の決勝戦、スペインvsオランダは、ヨハネスブルグのサッカー・シティ・スタジアム(FNBスタジアム)で行われました。

キャパが94,700人のスタジアムに、当日入った観客は84,490人でした。

サッカーのW杯決勝でさえもこんな感じです。

開催国が決勝まで進めば違っていたでしょうけど、そうでないとやっぱり「満員」にすることは困難だと言えます。

競技場以前に、強くなって盛り上げないと!

そう考えると「メインスタジアム変更でキャパが少なくなって収入が…」というメインスタジアムのキャパ減少以前に、競技場を満員にできるくらい人気や注目度を高めないといけないと思うのです。

そうなる(する)ためには、まず何よりも9月のW杯での日本代表の活躍は欠かせません。「大躍進」とはいかないまでも、せめて「次につながる奮闘」は見せてほしいと思うのです。

個人的な関心で言えば、ニュージーランドやイングランドといった強豪国の方が高いのは否定しませんが(苦笑)、日本代表の試合も当然見るつもりです(放映されるのなら)。「次回大会開催国」の強さの片鱗というか足跡を残すことができたらいいなぁと。

そんなわけで、ラグビー日本代表には頑張ってほしい!

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする