ヒョードル現役復帰!面白そうだけど、厳しそう・・・

かつて「60億分の1の男」と言われていたエメリヤーエンコ・ヒョードルが現役復帰するそうです。

ヒョードルが現役復帰を表明

fedor_walkingon

リングスとPRIDEでヒョードルの試合を何十試合(そんなにないか…)も見てきた自分としては、

「おおっ!マジか!」

とテンションが一瞬上がりましたが、すぐに

「う~ん、どうなんだろ?」

と元に戻りました(笑)

 ヒョードル復帰に期待するところ

あの強烈なパウンドがもう一度見られるかもしれない

ヒョードルで一番印象に残っているのは、何といっても上からのパウンドです。

サブミッションは巧いし、グラウンドでの防御技術も優れているし、スタンドでの打撃も組み技も申し分ないですが、やっぱりパウンドの強烈さが一番印象的でした。

PRIDEデビュー戦のセーム・シュルト戦(PRIDE22)からヒョードルのPRIDEでの試合はほぼ全て会場で観戦しましたが(会場で観戦しなかったのはPRIDE32ぐらい。会場がラスベガスだったので…(^^;))、一人だけパウンドのスイングと音が違っていました。

他の選手は(ヘビー級の選手でも)拳に十分に力が伝わっていないからか、「コツコツ」「バシバシ」という感じなのですが、ヒョードルは「ボスッ!ボスッ!」という感じでした。

(こんな擬音語で伝わるでしょうか…(^^;))

特にPRIDE23での対戦相手ヒース・ヒーリングは、ヤバいんじゃないかというぐらいヒョードルに上からコントロールされてパウンドを食らっていました(実際、眼窩底骨折したようでした……)。

最近のUFCを見ていても、あそこまで強烈なパウンドを放つ選手はいません。ケイン・ヴェラスケスもブロック・レスナーもグラウンドでのコントロールは素晴らしいけれど、パウンドの迫力はヒョードルには勝てません。

それだけに、ヒョードルのあのパウンドが見られるのは楽しみではあります。

何か致命的なダメージを負って引退したわけではない

ヒョードルの復帰は、負傷していたところが治ったのがきっかけのようです。拳か首か腰ではないかと推測していますが、特に致命的なダメージがあって引退したわけではなかったし、「グラスジョー」(Glass Jaw。KOされやすい体質のこと。直訳すると「ガラスのアゴ」)でもありません。そのため、フィジカルさえ万全なら現役当時とほぼ変わらないコンディションではないかと思うのです。

今のミルコやアリスター、ノゲイラのような、見ていて心配な感じにはならないだろうと思っています。

ヒョードル復帰に懸念しているところ

どこでやるのか?

まず現段階では、どこで現役復帰するのかが不明です。ヘビー級の選手層からすると、UFC以外にないような気がします。ベラトール(Bellator)や日本を主戦場にしても相手がいなさそうな気がするので……

でも、UFCだとかなり厳しそうな気がしています……

ヘビー級の「頂点」は険しい道ではないかと…

今のヘビー級のトップどころに勝てるかどうかというと、ビミョーな感じがします。

チャンピオンのファブリシオ・ヴェウドゥムは、ヒョードルが初めてギブアップ負けをした相手です。この試合、序盤はヒョードルがスタンドで押していたけれど、グラウンドで捕まりました。次は同じ展開にならないとしても、ヴェウドゥムのヒザに相当苦しめられるのではないかと。同様に、ヴェラスケスやジュニオール・ドス・サントスとやっても、スタンドで相当苦しめられるのではないかと思います。

まず体格とリーチが全然違います。体重は5~10kgはヒョードルの方が軽いでしょうし、リーチも短いです。オマケにヒョードルのストレートはフックに近い軌道で、ヒジが伸びきっていない感じ。つまり、射程距離が短めということです。リーチ差を活かしたストレート系のパンチをもらう場面が多くなりそうに思います。ドス・サントスはスタンドのボクシングが上手いし、ヴェラスケスも全然ビビらずに前に出て行くし。

早い話、頂点まで上り詰めるのは大変じゃないかと。

明らかに衰えのあるノゲイラやミルコにはどうにかなっても、技術もフィジカルも進化している若い選手に通用するかは未知数です。個人的には厳しいような気がしています……

ほんの少しだけ期待してみる

どこで、どこまでやれるかまだ分かりませんが、年齢はあまり気にしていません。

ランディ・クートゥアのような例だってありますし、ケン・シャムロックもまだ現役です(笑)。38歳なら、復帰して頂点まで行ける可能性はまだあると思います(「ゼロではない」という意味で)。

そんなわけで、期待値を大きくせず、ほんの少しだけ期待して復帰戦を待つことにしようかと。

ところで、国(ロシア)のスポーツ省の仕事はどうするんでしょう?

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士