ラグビーW杯開幕まであと80日を切っていることを、周りの誰も知らない(泣)

コパアメリカも女子サッカーW杯もたった今、決勝戦(あと3位決定戦も)を残すのみとなり、それぞれ盛り上がっている今日この頃。

今年ラグビーのW杯があることを知っている人は、日本にどれぐらいいるのでしょう?

そして、開幕まであと80日を切っていることを、日本でどれだけの人が知っているのでしょう?

パーセントで表すと、3%ぐらい?もっと低い?
そんなことを考え、ふと頭に浮かんだ言葉が

「ホワ~イ!ジャパニーズ ピーポー!!!」(By 厚切りジェイソン)

でした(笑)

日本も出場するんです!

ラグビーW杯を大々的に特集しているメディアを見かけないので(自分が知らないだけかもしれないし、サッカーの後に盛り上がるのかもしれないけど)、ここで自分が知っていることを紹介します。

まず、日本代表も出るんですよ、ということです。
第1回大会から8大会連続で出場です。
本大会での戦績は、過去24戦して1勝2分け21敗。過去には「オールブラックス」ことニュージーランド代表(以下、NZ)に17-145という歴史的大敗を喫したこともあります。まさに「黒歴史」。

でも、最近の大会では奮闘しています。前回大会では、そのNZ相手に7-83でした。点差をほぼ半分にしたというのはかなりのレベルアップ(なはず)です。しかも、前回は結果的にNZが優勝しました。「世界最強チーム」にここまで差を縮めているのです。

今大会は「2勝目」の期待大

日本代表は、今大会のグループリーグで南アフリカ、スコットランド、サモア、アメリカと対戦します。

南アフリカ、スコットランドは優勝を目指している世界トップクラスのチームだしレベルが全然違うので、多分負けるでしょう。でも、「サモアとはいい勝負をするんじゃないか、アメリカには勝てるんじゃないか」という期待があります。

特に、アメリカはいわゆる「アメリカンスポーツ」が主流の国です。サッカーが最近になって人気が上がってきていますが、ラグビーは相変わらず超マイナー競技です。フィジカルに優れたエリート・アスリートの多くはアメフト、バスケ、野球等々に進むので、レベルもそれほど高くないように見えます。

でも、日本代表はそんなアメリカに過去の大会で2回負けています……。
(直近では12年前ですが…)

「じゃあ、また勝てないんじゃないの?」とも思えなくもないですが(笑)、日本代表のレベルアップはアメリカよりも進んでいると思っています。なので、「今回はいい勝負、いや、勝てるんじゃないの?」と期待しているのです。

ただやっぱり世界の壁は厚い・・・

しかしそうは言っても、世界のトップといい勝負をするほどの大きな期待はできません……。

特にフィジカルでは、NZ、オーストラリア、南アフリカ、イングランド、フランス等々の強豪国には全然かないません。実際に試合を見れば分かりますが、体格差がものすごいのです。厳しい表現ですが、社会人と高校生ぐらいの差を感じます。

ラグビーは体格とパワーが本当に重要です。「スピードがあれば…」と思うかもしれませんが、身長約2m・体重120kg近くある巨体が、100mを11秒台で走る速さだったりします(汗)。NZ代表だったジョナ・ロムーという元選手は現役時代、196cm・119kgの身体で100mを10秒5で走ったそうです……(驚)。
世界のトップは、とんでもないモンスターたちなのです。

ただ、そんなモンスター同士の決勝トーナメントを見るのも楽しみの一つです。
世界のトップラガーマンが国の威信をかけてガチンコでぶつかり合うので、迫力がハンパじゃないのです。

準決勝あたりになると、ゴールライン際の、トライするかしないかのギリギリのところでセンチメートル単位でのスクラムの攻防とかあります。タックルも凄い勢いだし、ダッシュの速さ(なのか、身体の大きさによる迫力なのか)もヤバいです。純日本人の自分が見ていても熱くなります(サッカーのW杯でもそうですよね)。

そんなわけで、厳しい話、日本代表が決勝トーナメントに進出するのは難しいと思いますが、それ以降の激戦も見応えがあります。

なぜ盛り上がらない?

ラグビーのW杯も4年に1回。今年はフットボール(サッカー&ラグビー)の母国イングランドで行われます。

それと「ついでに」ですが、4年後の2019年の開催地をご存知でしょうか?

日本です。

強調のため繰り返します。日本です。

次回大会は日本が開催国なのです。
東京オリンピックの前年です。

なのに、なんでラグビーはこんなに盛り上がらないのでしょう?

「ホワ~イ!ジャパニーズ ピーポー!!!」(もう一丁!)

ラグビー協会のプロモーション不足なのでしょうか?
それともサポートしてくれるスポンサーがいないのでしょうか?

もうちょっと盛り上がってほしい!
そんな思いも込めての(笑)今日のブログです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士