世代を超えた選手間の比較には無理がある。けど・・・

「史上最高」や「歴代最強」等々、世代を超越してどっちがすごいかを比較する議論がよくあります。

ディエゴ・マラドーナとリオネル・メッシ、モハメド・アリとマイク・タイソン(そしてクリチコ兄弟)、マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームズ、ウィルト・チェンバレンとシャキール・オニール、ヴィンチェンツォ・シーフォとエデン・アザール等々……

ali_v_tyson_by_sa8668-d6l0xk4

その両方をリアルタイムで見た人なら「○○の方がすごい(すごかった)!」という持論があると思いますが、冷静に考えるとやっぱり無理があるのかな、と思います。
理由は、主に以下の4つです。

理由1 「直接対決」できない

当たり前ですね(笑)。

当たり前すぎて書くまでもないですが、直接対決できない以上は想像の域を脱することはできません。結局、人それぞれの考え方でバラバラの意見が出ます。真っ二つに意見が分かれて論争になれば収束しないでしょう。

私も自身の「こう思う」に対して、誰かからの異論は当然あるだろうと思っていますし、それは十分に理解しているつもりです。

理由2 技術体系が全然違う

今と以前とでは全然違います。特に、歴史が浅いスポーツは、技術体系も日々進化しています。総合格闘技(以下、MMA)がその最たる例です。

MMAは、まだ25年も経っていない新しいスポーツです。各格闘技の出身者同士で「何でもあり」のルールでやらせてみようという形で始まったので、黎明期の打撃系選手はグラウンドでは無力でしたし、反対に組み技系の選手はスタンドでは弱々しい感じでした。

技術が進化しているので、トレーニングの仕方も進化しつづけています。今や誰もがグラウンドでのディフェンス(スタンドに戻すまで)を身につけています。レスリング出身の選手も上のポジションにこだわらないし、同時に打撃もかなりイケたりします。

ジョン・ジョーンズは、あの打撃を見ているとキックや打撃系の選手に見えますが、バックボーンはレスリングです。ダン・スバーン、マーク・コールマンやドン・フライがバリバリの第一線で戦っていた頃とは全然違うのです。

理由3 ルールが変わっている

今も昔も変わっていない競技もありますが、変わっているものは多いです。

サッカーだって、約22年前にバックパスルール(GKはバックパスを受けたら手で処理してはいけない)ができたので、GKの比較も微妙です。NBAも以前禁止だったゾーン・ディフェンスが2001~2002年シーズン以降解禁されているので、戦術も違ってきています。3ポイントシュートのラインも変わっていますよね。

MMAはローカルルールの違いもあるので(UFCはヒジあり、4点ポジションでのキックはナシ。PRIDEはヒジなし、4点ポジションでのキックはアリ。UFCはオクタゴン&金網、PRIDEは四角形リング&ロープ、等々)、ルールの違いは大きいです。

異なるルールで活躍してきた選手同士で比較するのは、やっぱり難しいです。

理由4 環境が全然違う

「環境」と一言で言ってしまうと分かりにくいですが、トレーニング環境だったり、設備の器具だったり、研究材料だったり、試合のアイテムだったり、というものです。テクノロジーの違いと言っても良いかもしれません。

20年前と今とでは、ネットの普及度合いが全然違います。今ならすぐに名選手や現役選手のプレー動画等をネットで見てテクニックや戦術を研究できます。20年前は録画か、海外あるいは国内の限られたルートから限られたビデオテープを調達して研究するしかありませんでした。

トレーニング設備も今と昔では全然違います。昔はジムにエアコンなんてほとんどなかったでしょうし、サンドバッグやリングも1つ~2つしかなかったような環境だったはず。今は大きなジムならエアコン完備だし、サンドバッグやリングはいくつもあります。トレーニング後は専門家がしっかり疲労回復のマッサージもしてくれます(マッサージの技術だって進化している)。

試合のアイテムも劇的な進化をしています。
サッカーのスパイクはここ20年でものすごく軽量化されているし、バスケットボールシューズも同様。しかも、クッション性や安全性も格段に向上しています。ビル・ラッセルやチェンバレンが現役だった頃は、コンバースの「オールスター」(あのキャンバス地のスニーカー)を履いていたわけで、アイテムの違いも考慮に入れないと比較しようがないではないかと感じます。

技術やフィジカルでは比較しようがない。でも…

上記を踏まえると、テクニックやフィジカルでの比較には無理があるのかなと思います。
そもそも比較のしようがないのかもしれません。

ただ、「どっちがすごいか(すごかったか)」の自分の主観的評価に対しては「基準」もあります。

つづく

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士