ランニング。朝走るか夜走るかは「走った後」で決めた

ランニング(というかトレーニング全般に共通しますが)を朝やるか、それとも夜やるかで迷う人もいるのではないでしょうか?

「時間を確保しやすいのは、いつなのか」は一つのポイントになるでしょう。仕事が夜遅くなってしまう人なら朝になるでしょうし、始業と終業が早い人なら夜になると思うからです。

しかし、「朝が苦手…」とか「夜はマッタリ飲みたいなぁ」という個人的な欲求もあるので、一概にそれだけで決めるのも難しいかもしれません。

私が朝派になったのは、それぞれ試してみた結果でした。

Morning-Runner-631x421

「走り終わった後にすること」への影響が決め手になった

朝走る場合は、仕事前です。
「走り終わった後にすること」は、朝の場合は仕事になります。

朝走って、その後朝食を食べて仕事して…という流れになりますが、ここで仕事に支障があるようだと、朝走るのは良くないということになります。

例えば、朝走っただけで一日やりきった感(笑)があると、仕事でのパフォーマンスが緩くなって良くないです。走り疲れで仕事がダラけてしまうのも良くないです。そうなってしまう場合は、朝走るのを考え直した方が(夜にシフトすることを検討した方が)良いのかもしれません。

一方、夜走る場合は、夕食前かもしれませんし、夕食後かもしれません。ただ、いずれにしても寝る前です。「走り終わった後にすること」は、夜の場合は睡眠になります。

夜走って、その後シャワーで汗を流して、水分補給がてら軽く一杯飲んで(私はアルコール類は飲みませんが)から寝て…という流れかなと思いますが、ここですぐにグッスリ眠れるようなら夜走るのが正解でしょう。

反対に、疲れや興奮でなかなか眠りにつけないようだと、睡眠に悪影響が出ているので良くないです。そうなってしまう場合は、夜走るのを考え直した方が(朝にシフトすることを検討した方が)良いのかもしれません。

私は両方試してみました。

朝走ると「いや~、気分良く走れた♪」と満足し、そのまま高めのテンションで仕事に臨めるので好影響だなと感じました。仕事中にランニングの疲労感が出ることは、ほとんどないかな、と思っています。

一方、夜走っても同じように「いや~、気分良く走れた♪」と満足するのですが、いざ寝ようとするとなぜかテンションが高い状態になってしまって眠りにつきにくくなるのです(苦笑)。疲れなのか、それとも気分の高揚なのか。

どうも自分には、ランニングがカフェインと同じような作用になるようです。(ちなみに私は、夕方以降はなるべくコーヒーを飲まないようにしています。夜眠れなくなるもので……(^^))

両方試してから決めた方がいい

自分の経験からの私見になりますが、朝走るのが良いか夜走るのが良いかは、両方試してみるのが良いと思います。確保できるのが朝しかない(または夜しかない)で決めても、その後にすることに悪影響が出るようだとなかなか習慣化できないと思います。

朝走る私も、夏場や冬場は毎回「あちぃ~」「さみぃ~」と思いますし、早起きに慣れるまでは「ねみぃ~…」もあって苦戦しました。が、

「今ここで走らないと、あと24時間経たないと走れない。その間にブクブク太っていくぞ、ダイ!」

と自分で自分を脅すようにして(笑)重い腰を上げてきました。
実際に走ってしまえば「いや~、気持ち良く走った♪」と満足できるんですけどね。

しかし、なかなかこの「あちぃ~」「さみぃ~」「ねみぃ~…」に打ち克つのが難しいですね(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士