「ゴールデンボーイ」オスカー・デラホーヤが現役復帰?ってマジ?

「マジで?」と思うのですが、本人は真剣なのだそうです。

42歳のデラホーヤ氏、現役復帰を検討

現役引退後に薬物とアルコール依存症の治療をしていたら、身体が元気になってしまったようで(笑)。

治療期間中に相当摂生して、それでコンディションが良くなったのでしょう。時折、プロモーターとしてのスーツ姿のデラホーヤを映像で見ますけど、全然太っていないですからね(ボクサーは引退後太る傾向にある)。

しかし、現役最後の試合(vs マニー・パッキャオ)から既に7年。
どうなのでしょう?

1280x720-RTR

周りも本人もやってみないと分からないのでは?

まず、現役復帰するもしないも本人の自由です。何か致命的なケガやダメージを負って引退したわけではないので、デラホーヤ本人が「やる!」と言ったら他の誰も止めることはできないでしょう。

マッチメイクは、「ゴールデンボーイ・プロモーション」の力を持ってすれば無名ボクサーから現役世界チャンピオンクラスまで選びたい放題かな、と(笑)。デラホーヤが「コイツと戦いたい」と言えば、90%ぐらいの確率で決まるだろうなと思います。

周りの人も、ボクシングファンも「無理なんじゃないの?」「厳しいんじゃないの?」という声が圧倒的に多そうです。でも、ホプキンスが50歳になっても現役の第一線にいることを考えると、42歳での復帰も「無理」とは言えない気もします。
(ホプキンスがとんでもないんですけどね……(^^;))

やってみないと分かりませんね。

でも、いきなりゴロフキンやメイウェザーとやるのは厳しい

やってみないと分からないと言っても、いきなり現役チャンピオン、しかもP4P(=Pound For Pound。「階級差を無視して」という意味)でもトップのゲンナジー・ゴロフキン(GGG)やフロイド・メイウェザーJrと戦うのは厳しいでしょう。現役で世界最高のスピードを誇る2人とやっても、全然対応できないのではないかと。復帰初戦にどちらかが相手だと、序盤から一方的にボコられて終わる可能性もあります。安全面を考えても、GGGとの対戦は止めた方が良いでしょう。

タイトルに挑戦するのなら、まずは2試合ぐらい中位以下の選手との対戦を経た方が良いでしょうね。試合勘を取り戻す意味でも。

階級はS・ウェルターかミドル級かな?ならば・・・

ゴロフキンとメイウェザーの名前を挙げたということは、階級はスーパー・ウェルター級(S・ウェルター級)かミドル級なのでしょう。S・ウェルター級は、最後にチャンピオンになった時(vs リカルド・マヨルガ)の階級だったし当時の動きも良かったので、ベストウェイトなのかもしれません。減量がキツければミドルでもありかと。

ウェルター級までは下げない方が良いでしょうね。最後のパッキャオ戦はウェルターまで落としたけど、減量に失敗したんじゃないかなぁ?と思うくらい動きが悪かったので。年齢(42歳)を考えると、大きくウェイトを落とすのは、かえってコンディションを悪くしそうです。

「ならば、この選手とやったらいいんじゃないの?」
と思ったのが村田諒太選手です。
ミドル級で世界に挑戦しようとしている彼の相手になってくれたらいいけどなあと思います。42歳での現役復帰と言っても、デラホーヤは元6階級チャンピオンです。それまでに凄い相手とばかり対戦してきているので、いざ対峙すればオーラも凄いでしょうし、間違いなく良い経験になると思うのです。勝つ・負けるに関係なく。

ゴロフキンやミゲール・コットに挑戦する前に、デラホーヤと戦うのもアリではないかと。

終わりに

記事にある通り、まだ「検討」段階なのですが、少し熱くなってしまいました……(苦笑)

デラホーヤはハンサムなところがクローズアップされがちですけど、けっこう好きなボクサーでした。「特定選手との対戦を避けた」というのはほとんどなく、ツワモノとばかり試合してきましたし、試合そのものも(例外はあるけど)熱く激しかったですし。

アイク・クォーティとの試合は、私が見た試合の中でもベスト10に入ります。

実際にどうするのか分からないけど、やるなら見てみたいという「怖いもの見たさ(?)」はあります。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士