残念・・・パルマが破産してアマチュアから再スタートへ

昨日のニュースですが、パルマの破産が正式決定して、セリエD(アマチュアリーグ)から再スタートすることになったそうです。

パルマが破産発表。来季からアマリーグの4部へ

ただただ残念です。
私がサッカーをバリバリ見ていた80年代終盤~90年代(今の「パルマFC」ではなく「パルマAC」だった時代)に輝いていたチームなので、本当に本当に……

Parma_Coppa_UEFA_1994-95

なにげにビッグネームが多い

パルマ出身の選手は、なにげにビッグネームが多いです。Wikipediaを見れば、出身選手のすごさを感じることができるでしょう。

個人的には、ネヴィオ・スカラさんが監督だった90年代初頭~中盤にかけてのチームが好きでした。
GKがタファレル→ブッチ→ブッフォンに代わって(ブッフォンは当時まだ10代!)、ムッシ、アポローニ、ベナリーヴォ、ディノ・バッジョ、ゾラと当時のイタリア代表がけっこういたし(しばらくしてナポリからファビオ・カンナバーロも加入)、前線にはファウスティーノ・アスプリージャがいましたね。ブッフォン・テュラム・カンナバーロの鉄壁トリオも当時パルマで結成されたものでした。

ミランの当時のセリエA無敗記録を止めたのもパルマだったし(アスプリージャのFKだった)、カップウィナーズ・カップとUEFAカップに優勝したし、振り返ってみても面白いチームだったなあと感じます。

パルマで思い出すこと

当時のパルマで特徴的だったのは、スカラ監督の方針で、試合後にそのままロッカールームに帰るのではなく、クールダウンのためにピッチ上でしばらく選手を走らせていたことでした。「試合中に必死に動きまくって、終わったらすぐに休む」だと筋肉のほぐれが取れづらいとかそんな理由だったと記憶していますが、いつも選手は試合後しばらくジョグっていました。

試合の勝ち負けに関係なく走っていたので、勝った後ならウィニングランのようにできるけど、負けた後は辛そうだなぁと思ったものです(笑)

試合では、93-94シーズンのサンプドリア戦(ホームゲーム)とブッフォンのデビュー戦です。

サンプドリア戦は、アスプリージャの動物的な動きが随所に出ていたし(胸トラップからのオーバーヘッドとか打点の高いヘッドとか)、ゾラの最後のFKにはシビれました。当時はサンプドリアGKのジャンルカ・パリュウカに注目していたのですが、最後のFKはどうしようもなかったですね……

ブッフォンのデビュー戦もセンセーショナルでした。ブッチが出られなくなって、17歳のブッフォンがスタメンになった試合。しかも相手がミランっていう……
当時のミランはジョージ・ウェア、マルコ・シモーネの2トップにロベルト・バッジョ、ボバンがいて強烈な攻撃陣でした。それを相手に完封したのは驚きでした。

今のブッフォンの存在の大きさを思えば、その試合をリアルタイムで見られたのは良かったなあと思います。

再建するしかない!

残念は残念だけど、もうどうしようもないのでこれから再建するしかないのでしょう。

マイク・ピアッツァさんも買収から手を引いたみたいで厳しい道のりだけど、それしか道がないし……

セリエBに上がったら、また注目しようかなと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする