立場が変わって、志向も思考も嗜好も変わってきている

大きな組織を辞めて独立してしばらく経って感じています。

志向も思考も変わり、クライアントや経営、スキル、さらには家族や健康のことや人生について、より深く真剣に考えるようになったという感じがしています。全てが「他人任せ」にできなくなったので当然と言えば当然なのですが。

で、「志向」と「思考」が変わっているだけでなく、「嗜好」も変わってきるのを感じます。この本には多いに刺激を受けました。

wpid-20150617064604.jpg

ビリー・ビーンが素晴らしい!

MLBファンならビリー・ビーンの名前をご存知でしょう。オークランド・アスレティックスのGM(ゼネラル・マネージャー)を1997年から務めていて、財政状況の苦しいアスレティックスを何度もポストシーズンに出場させている敏腕GMです。映画にもなった『マネーボール』の主人公です。

映画の『マネーボール』をDVDで見て、「おお!スゲー!」と思ってはいたのですが、映画だったからか、それとも演じていたのがカッコ良すぎるブラッド・ピットだったからか(笑)、当時はあまりリアリティを感じていなかったのですが、この本を読んで、実在する選手を発掘した時のエピソード等を知って初めてリアルな「スゲー!」を感じました。

同時に、今の自分の立場(=弱者)とダブった感じがして、ビリー・ビーンの発言(プラスこの本の著者のコメント)の一つ一つに重みというか刺激を感じるのです。「刺さる」という表現が適切かも。

成績が振るわない責任をすべてお金のせいにして、自分の未熟さも、知恵のなさも棚上げするのは楽でいい。だが、弱者が楽をしていては、強者に勝つことはできないだろう。大切なのは、薄い財布を眺めてため息をつくことでなく、お金以外の道を信じることだ。

大切なのは、打率、打点、本塁打に長じた選手だけがすぐれた選手であるという常識を疑ってみることだ。そこに出塁率という軽視されていた指標を持ち込むことで、従来はわからなかった「勝利をもたらす選手」の姿が見えてくる

たいていの人は、慣れた常識的なやり方と、不慣れな革新的なやり方があれば、前者を選ぶ。変えることはリスクであり、何も変えないほうがリスクが少ないと考えるからだ。だが、変化の激しい現代では、実は何も変えないことこそリスクなのである

主観的評価と客観的評価は往々にしてズレることがある。例えば、朝早くから夜遅くまで働く人間や、額に汗して走り回る人は「がんばっている」と評価されがちだが、現実にどれだけ仕事が進んでいるかを見ると、実はまるでダメなことも少なくない

「異端でもかまわない。異端とはチャンスを意味する」

「慣例でも、おかしいと思うことは改める必要がある」

最初から誰もが賛成するもの、理解できるものが真に革命的であることは少ない。「バカげている」「やめてしまえ」と言われながらも強い情熱をもって貫いた時、革命が起きるのである

弱者が強者に勝つためには、強者と同じことをしていてはダメである。しかし、新しいことをやろうとすると非難や嘲笑がついてくる。それに負けてしまうと勝利は手にできない

常識や定説の中には、錯覚や明らかな間違いがあることもしばしばある

大切なのは他人がどう考え、どう評価するかではなく、データ(情報)が何を語り、自分がどう考えるかであり、自分の決めた原則に従って動くことである

上記は一部ですが、今の自分にはとても刺激的で、「そうだよなあ。そうだよなあ」と頷きながら読んでいました(笑)

これを読んでいっそう嗜好が変わった

今までMLBではバリバリの金持ちチーム、NYヤンキースやボストン・レッドソックス、テキサス・レンジャーズ等々に注目していましたが、これを読んでアスレティックスのファンになりました(笑)

バリー・ジトとか、ティム・ハドソンもビーンが獲得した選手だったし、ジョニー・デイモンやジェイソン・ジオンビ―、ミゲル・テハダ、エリック・チャベスもそうだったと知って、改めてビックリ。しかも、みんな「安く獲得して、開花させて、高く売却」というのがミソです。

サッカーもそういう嗜好になってきています。今のマンUやマンC、レアル、PSG等々のように、毎年のように大枚はたいて大物を補強するメガクラブよりも、若い才能を発掘して、育成して、開花させる、そんなクラブの方にロマンを感じるようになっています。

例えば、アーセナル、アヤックス、リヨンとか。いずれも輩出した選手を見ると素晴らしいチームです。

終わりに

「弱者が強者に勝つ」は今の自分にとって永遠のテーマですが、ビリー・ビーンのアプローチや思考は、その大きなヒントになると感じています。

スポーツとビジネス、チームとフリーランスの違いがあるので、全てにあてはまるわけではないでしょう。でも、根幹となる部分では共通するんじゃないかな、と。

また映画『マネーボール』が見たくなりました(笑)

『マネーボール』を見てこの本を読むのもアリだし、本を読んでから『マネーボール』を見るのもアリだと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする