マイナンバー制度の活用で医療費控除の領収書が不要になるらしいけど…

昨日、こんな記事が出ていました。

医療費控除、領収書不要に 17年メドにマイナンバー活用

一瞬だけ「ほほう」と思いましたけど、中身を見て「う~ん…どうなの?」と思いました。

wpid-20150619114701.jpg

どうして領収書不要になるのか?

現行では、医療費にかかった領収書(紙ベース)をしっかり取っておいて、確定申告時に申告書に添付する形でまとめて税務署へ提出するか、電子申告の場合でも領収書を手許に一定期間保存しておくことが求められています。

この紙ベースの領収書の保存と申告内容の入力の手間が大変なのでラクにしますよ、ということのようです。記事によると、この手間が面倒で申告を諦めている人が多いそうで……(本当?)

今後は、健康保険のデータがマイナンバー(日本語で言えば「国民個人番号」って感じでしょうか?)に紐づけられるので、それで税務署も把握できるようになるということのようです。

現在は国民健康保険や健康保険組合から届く「医療費通知」が、今後は個人用マイナンバーサイトにデータで送られるようになるそうです。われわれ納税者は、このデータを税務署にネット経由で送れば領収書を出さなくて済むのだそうです。

ここまでは「ほほう」だったのですが、つづきを見て「ほほう」が「なぁんだ」に変わりました(笑)

すべての領収書が不要になるわけではない

医療費控除の対象となる「医療費」には、医療機関での治療費以外にも市販薬や保険外の薬の購入代金や通院時の交通費なども含まれます。

でも、この制度でカバーしているのはあくまで医療機関での治療費だけなのだそうで、ドラッグストアで購入した薬や交通費については従来通り領収書の保管・提出が必要なのだそうです。

つまり、「まったく領収書が不要」というわけではないのです。

たしかに保管しないといけない領収書や入力のボリュームは減るのかもしれませんが、結局医療費の集計は自分でやらないといけないし、税務署側もデータと紙の領収書を両方確認しないといけないと思うので、双方あまり劇的に効率化されるようには思えないのですが、どうなのでしょうかね?

領収書の保管や申告内容の入力が大変だと思っていた人が何もしないで済むようになるというものではなく、「ちょっとはラクになるでしょ♪」程度のもののようで……

「これまで申告を諦めていた人が申告をするようになる」というケースよりも、「領収書不要なものと必要なものの集計とか面倒なので、領収書不要分だけを申告する」というケースが多くなりそうだなあ、と予想しています。

それと、個人用マイナンバーサイトを、全ての人がネットでちゃんと見るの?見られるの?っていう素朴な疑問もあったり。

終わりに

この医療費控除への活用については、個人的に中途半端な印象があります。交通費や市販薬等の領収書に活用できないので、あまり画期的な感じはしません。

個人用マイナンバーサイトなるものがどれだけ便利なのかも分からない現状で一刀両断するのもなんですが(苦笑)。もう少し様子見でしょうか。

ただ、情報管理体制での悪印象が強くてマイナンバー制度に対する「逆風」も感じられるので、「こんなに便利なんですよ」アピールがしたいというのは十分伝わります(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする