数値化しちゃう!苦手なこと、イヤなことに少し前向きに取り組むための一つの方法

仕事においても日常生活においても、苦手なこと、イヤなことや面倒くさいことは一つや二つあると思います。避ける(逃げる)ことができれば良いのでしょうけど、そうはいかない場合もあります。自分一人しかできないものなら逃げられません。

そんな時に少しだけ(本当に少しだけかもしれませんが(^^;))前向きに取り組めるようになる方法として、こんなことをしています。

RPGの主人公になった気分で(笑)

それは、苦手なこと、イヤなことや面倒くさいことを数値化することです。

「数値化」というと分かりにくいですね。具体的には、勝手に「経験値」を設定してしまうのです(レベルでも良いでしょう)。そして、それをこなしたら、「経験値を獲得した!」と勝手に思うようにするのです。

仕事では、けっこうそうしているかもしれません。
(最近はイヤなことは極力回避しています)

私の場合、料理が苦手というか、やらず嫌い。結婚して今年で10年になりますが、一度も料理をしたことがありませんでした。ご飯を炊くことや温めて用意することはできますし何度もやっていますが、「材料を切って、煮込んで(または焼いて・蒸して等々)…」というのはずっと避けてきました。

しかし、こないだ娘にとうとう

「パパ、なんで料理しないの?できないの?
できないのは、やらないからでしょ!
やればできるんでしょ!
パパだって大人でしょ!
たまには作ってよ!
ママは毎日大変なんだからね!」

と、パンチのラッシュのように正論を言われたので(苦笑)、やらざるをえなくなりました……

4月からウィークリーで私が夕食を料理しています……

wpid-20150330121601.jpg

「イヤだなぁ…」と心の中で思っていましたが、「こんな時こそ数値化だ!」と発想を変えて料理することにしました。

難易度に応じて品目を数値化して、経験値を稼ぐ「旅」にでも出ようかと思っています(笑)。レベルが上がったら(レベルアップの定義は未定…)、ワンステップ難しい料理にも挑戦しようかと思っています(あくまで予定は未定)。

で、ついでにレベルが上がっていくにつれて、RPGの主人公みたいに「装備」を強化すべく道具も充実させて……ムフフ♪

と思っていたら、妻に

「道具とかにこだわり出さないでね」

と釘を刺されました……。
私の傾向をよくご存知です……(苦笑)

終わりに

苦手なこと、イヤなことは回避できればベストですが、回避できなければやるしかありません。そんな時に、ちょっとだけ「遊び心」を入れるようにしていくのが良いのかなあと思っています。

簡単に言えば、「楽しんだ者勝ち」でしょうね(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする