自転車新ルールが今日から適用。ついでに自転車道路を充実させてほしい(笑)

今日6月1日から、違反行為を繰り返した自転車の運転者に講習を受けることを義務付ける制度が始まるそうです。

bike_path_painted_lane-resized-600.jpg

6月1日から適用のルール

14歳以上の自転車運転者を対象に、3年以内の期間で下記14項目の「危険行為」を理由に交通違反切符を2回以上交付された運転者は、警察本部や運転免許センターで講習を受けなければならないのだそうです。

「危険行為」14項目

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 歩行者専用道徐行違反
  4. 通行区分違反
  5. 路側帯の歩行者妨害
  6. 遮断機が下りた踏切への立ち入り
  7. 交差点での優先道路通行車の妨害など
  8. 交差点での右折車優先妨害など
  9. 環状交差点での安全進行義務違反など
  10. 一時停止違反
  11. 歩道での歩行者妨害
  12. ブレーキのない自転車運転
  13. 酒酔い運転
  14. 携帯電話を使用しながら運転して事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

こうして「危険行為」と定められている行為を見てみると、「当たり前じゃん」と思います。特に、1、2、6、7、10、12、13、14あたりは言語道断で、文字だけ見ても危険だと感じます。
今まで明確なペナルティ的なものがなかったようなので、それが明記されて抑止されるならば、それだけでも大きな前進かなと思います。

他方で、今後改善していかないといけないこともあるなぁ、と思うところがあります。

「自転車専用」道路が超少ない、というかほとんどない・・・

自転車は非常に微妙な立場です。
歩行者には「歩道」があり、自転車には「車道」があります。

自転車は、道路交通法上は「軽車両」の一つと位置付けられていて、原則として車道を走ることとされています。
しかし、車道は自転車や自動二輪車(オートバイ)が時速30km以上の速度でビュンビュン走っていて、自転車で道路の端ギリギリを走っていても、自動車が横スレスレを通過することもあるので結構コワイです。

自転車には「自転車専用道路」があって欲しいものです。
もちろん自転車に乗る人や走る速度はいろいろなので、自転車専用道路内でも「あぶねー」とか言い合ったり、多少のトラブル・アクシデントもありうるのでしょうけど、「vs歩行者」や「vs自動車」よりはお互いの理解があるのでは?と思います。

自転車に乗っている人の多くは道路交通法をほとんど知らない

自転車には免許がありませんし、年齢制限もありません。そのため、物心ついて自転車にまたがることができるようになれば、ほぼ誰もが自転車乗りとしてのデビューを飾れます。私の子どもも4歳でデビューしました(もちろん、単独で公道を走ることはさせませんが)。

そして、大人になるまで、さらに大人になってからも、一度も自転車関連の法規制の講習を受けることはありません。「マナー」という形で「ああするのはやめましょう」「こういうのは危ないです」のようなことは学校の授業等で教わりますが、その程度です。

そのため自転車に乗っている人の多くは、自動車教習所で学科講習を受けないと道路交通法の初歩すら知る機会はないのでは?と思います。
何が問題かというと、自転車に乗るうえでの法律上のルールや道路標識の見方等を知らない人がほとんどではないかと思うのです。私は自動車免許を持っていて、学科教習で道路標識の見方を知ることが出来たし、自転車のルールも全てではないにせよ重要な一部を知る機会がありましたけど、自動車(または自動二輪車)免許を取ることがなく自転車しか乗らない人は、ずっと法律上のルールを知る機会がないのではないかと思うのです。

上記で触れた「自転車は車道が原則、歩道は例外」を知っている人や、一時停止や進入禁止の道路標識を見て「あ、一時停止(進入禁止)だ」と気づく人が、自転車に乗っている人の中でどれだけいるのか疑問なのです。

自動車と自転車の両方乗らないと、お互いのことが理解できない

これも上記に絡みますが、自転車と自動車の両方を運転してみないと理解できないことが多いように感じます。

自転車に乗っていると「クルマあぶねー」と思いますし、自動車を運転していれば「チャリあぶねー」となります。

自転車と自動車の両方に乗った(運転した)ことがあれば、相手の気持ちが分かるので、できるだけ距離をとって追い越そうとか、そんな意識が働くでしょう。
しかし、「自転車しか乗ったことのない人」と「車しか運転しないドライバー」では、双方とも相手を「あぶねー」としか思わないでしょうし、ギリギリを通過されて身の危険を感じようものなら、「テメー!コノヤロー!」のようなトラブルになりかねないのではないかと…

「ルールを守りましょう」も当然大事だけど、もう一歩進んで「相手の気持ちが分かる」ようにする施策もあってほしいなあと思うのです。
それを制度化するのは一筋縄ではいかないでしょうし、できるのならとっくにやっているのでしょうけどね(苦笑)。

終わりに

今日から適用されるルールは、ママチャリに乗っている人に限らずロードバイクに乗っている人も注意が必要でしょう。ピストバイク(ブレーキのない自転車)は公道では走れません。私は怖くて乗る気もないですが(笑)

「自転車大好き人間」の端くれとして、ロードバイクでスピードを出して走りたいという気持ちがすごく分かるのですが、道幅が広くて自動車の通行量が少ない場所・タイミングを選んで走るしかないのかなぁ、と。いろんな意味で「無茶」しなければ、大きな影響はないでしょう。

ただ、やっぱり「自転車専用道路」はもっと増えてほしいなあとは思います(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士