MMAとトライアスロンに見る「総合力」の重要性

MMA(Mixed Martial Arts。総合格闘技のこと)もトライアスロンも、観るのもやるのも好きな自分としては、最近コレを感じずにはいられません。

だんだん「○○だけは強い」という選手が淘汰されつつあるように感じます。
つまり、「なんでもいける」選手じゃないと勝負できなくなるんじゃないかと。

MMAでは

MMA黎明期は、「見た目が普通」のホイス・グレイシーが勝ちまくって、グレイシー柔術(ブラジリアン柔術)が最も優れた技術体系とされてきました。その結果、レスリングや打撃系出身の選手も柔術を身につけて試合に出るようになり、柔術だけで勝つのは難しくなりました。レスリング出身者が幅を利かせていた時期もありましたが(マーク・コールマン、ケビン・ランデルマン、ティト・オーティズ等々)、タックルをさばいたり、倒されても逃げる技術を打撃系の選手が身につけたことで、レスラーが倒すだけでも勝てなくなりました。

以前は「柔術家」、「元レスラー」のような選手がチャンピオンになっていましたが、今のチャンピオンはほぼ全員が「トータル・ファイター」というか「なんでもいける」選手です。

レスリング出身者が多い傾向にありますが、「レスリングしかできない」という選手は皆無で、打撃でも打撃競技出身者とほぼ互角の勝負をしますし、仮に倒されても柔術家でも極めるのが困難なディフェンス力を身につけています。レスリング出身者なので、メインの勝負は「組んで倒して、押さえてパウンド」というのが多いですが、スタンドでは脇を締めてコンパクトなパンチを打ちますし、グラウンドでも柔術のポジショニングを上手く生かしたり、肩固めやチョークも狙いますし、文字通り何でもできる感じです。

どんどん技術体系が進化していき、「○○だけ」では勝負できない状況になっています。

トライアスロンでは

トライアスロンでは、以前はスイミングや自転車競技の出身者が多く出ていたので、選手によって「勝負どころ」がいろいろありました。スイムが得意な選手は最初のスイムでいかに差をつけるかが勝負でしたし、バイクもランも同様。得意種目でどれだけ相手からアドバンテージを奪うかが勝負の分かれ目だったように見えました。

しかし、近年では「○○だけ強い」という選手がいなくなっているように思います。
上位選手はスイムでも上位で、バイクでも常に先頭集団にいて遅れることはなく、ランでも勝負できる脚があります。「○○で勝負する」という感じではなく、スイムもバイクもランもどれも優れていないと勝てなくなっているように思います。

アイアンマンのような長距離レースでは、まだバイクで差をつけて逃げ切るとか、ランで挽回して逆転するというケースもありますが、徐々に「なんでもいけないと勝てない」感じになっているように見えます。

2つの共通点

MMAとトライアスロンの2つの競技で「総合力」が重要になっているように感じるのですが、この共通点は何だろうと思っていたら、2つありました。

  1. 複合競技であること
  2. 歴史がまだ浅いこと

MMAは、元々はルールによる規制を最小化して、いろんな競技の出身者が一堂に戦う競技として生まれたものです(UFC自体はホリオン・グレイシーによるグレイシー柔術のプロモーション目的もあったのでしょうけど…)。そして今のMMAの起源と言えるUFCが誕生したのは1993年。まだ22年そこそこの歴史しかありません。
(一番最初のUFCルールは「目つぶし、金的、噛み付きは禁止。あとは何でもアリ」でした……)

一方のトライアスロンも世界で初めてレースが行われたのは1974年なので40年そこそこの歴史です。アイアンマンが誕生したきっかけも「スイムとバイクとランのどれが一番キツイか、全部まとめてやって決めようぜ」というものだったので、何となくMMAと似ている感じがします(笑)

他の競技でもいろいろな資質が求められますが(例えば、サッカーは技術だけでもダメ、走れるだけでもダメ、当たりが強いだけでもダメ…)、歴史が長い分、ある程度の技術体系も確立されていますし、その中で一定水準の「総合力」も身についているのが基本になっているのでしょう。

MMAやトライアスロンは、まだまだ進化の過程にあるので「総合力」もレベルアップしているのでしょう。だからそれに取り残されると勝負できなくなる、ということなのかなあと感じました。

先週のトライアスロン横浜大会でのハビエル・ゴメスとアリスター・ブラウンリーの一騎打ちや、昨日のUFCのクリス・ワイドマンの圧勝を見て、そんなことを思ったのでした。
(ワイドマン、強い!しばらくミドル級はワイドマンが防衛しそう)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする