シューズ選びでやってはいけない3つのこと

シューズを選ぶ(買う)時に「やってはいけないこと」をまとめてみました。ランニングシューズを想定して書いていますが、どのスポーツでも共通することでしょう。

自戒を込めて(苦笑)。

wpid-20150506073100.jpg

1.デザインやカラーだけで選んではいけない

当然ですが、シューズにはいろんな特徴があります。「初心者向け」や「上級者向け」もありますし、「サポートタイプ」や「ニュートラルタイプ」の違いもあります。そのため、単純に「カッコいいから」「カワイイから」というだけで選ぶのは、シューズ選び失敗の典型的な原因になりえます。

しかし、デザインやカラーにこだわりたいのもよく分かります(笑)。私自身、「他の人とかぶらないシューズを履きたい」とか「カッコいいのが履きたい」という願望があります。カッコつけるのが好きなので(笑)。

どうしてもこだわりたい場合は、デザインやカラーから「候補」をいくつか挙げるのもアリでしょう。しかし、それだけで決めることには慎重になった方が良いです。シューズがカッコよくても足が悲鳴を上げてしまったら、肝心の走りがカッコ悪くなる可能性もあります。

2.サイズで妥協してはいけない

自分の足に合いそうな(自分のタイプに合いそうな)シューズがあった。でも自分にピッタリのサイズがない。あるのは、ワンサイズ大き目か小さ目のいずれかのようだ。

こんな時にどうするでしょうか?
とりあえず大き目も小さ目も足に入れてみて、

「まあ大丈夫かな」
「走ってれば慣れてくるだろう」

と判断して、大き目または小さ目のシューズを買ってしまうかもしれません。

しかし、やめた方が良いです。
かなり高い確率で後悔することになります。

私は1度ならず2度までも、そんな愚かな判断をしてしまいました(大き目のやつを1回、小さ目のやつを1回買ってしまいました)。
大き目だったものはランニングしたら全然ダメで、結局普段履きに格下げ。休みの日にちょっと近くへ…という時のシューズになりました。役割を考えると、高い買い物になってしまいました……。
小さ目の方はランニングしたら足が痛くなり、普段履き用にも向かず。結局、弟にあげてしまいました。単純に損した気分でした(弟は喜んでいましたが)……。

そんなわけでサイズでは妥協しないことを強くお勧めします。
ショップに自分のサイズがないなら、取り寄せてもらいましょう。急ぎの場合は、別のショップで買いましょう。

3.ショップで実際に足を入れてみてから決める。ネットだけで選んではいけない

当たり前と言えば当たり前のことなのですが(笑)、これも過去に私が失敗したことなので、自戒を込めて挙げます……

多分、上記1で選んでしまう人がコレをやってしまうのではないかと思いますが、絶対に実物が足に合うか確認した方がいいです。
買って履いてみて足に合わないようだと、単純にお金の損です。ムダ遣いをしないという観点からも、実際に足を入れてから買うかどうか決めましょう。

スーツを買う時に試着するのと一緒です。フィット感や接地の感触等、微妙な違和感がないかどうかをよく確認してから買うことが大切だと思います。

ただし、ネットで買うのもアリなケースもあります。
それは、「今履いているのと同じシューズを(勝負用または予備用に)買う」場合です。これは実際に自分に合っているシューズを買うことになるので、これなら心配なくネットでも買うことができるでしょう。

私は、自分に超フィットするシューズと同じものを2足まとめてネットで買ったこともあります。「これだ!」と感じられたものなら、「エイヤッ!」と大人買いしてしまうのもアリではないかと。予算があれば(笑)

終わりに

どれも当然と言えば当然のことなのですが、カッコいいシューズを見つけるとやってしまいがちなので書いてみました。
自分の場合、「いい加減、反省しろよ!」という自分への戒めが強いのですが……(苦笑)。

今、私が愛用しているのは、写真のNewtonの「Distance」というモデルです。
既に新しくモデルチェンジしたものが出ていて、だいぶ軽量化もされているようなので、次はそれを試してみたいです♪

もうサイズで妥協することはしませんし、実際に足を入れてから決めます♪

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする