チーム集合写真「前列片膝立ち」の起源は?

サッカーの国際試合では(クラブ/代表問わず)、試合前の挨拶の後にプレス向けにスターティングイレブンの写真撮影がありますよね。

よく見るのが、前列5~6人が互いに肩を組んでいて、後列5~6人が腕組みして映っているやつ。GKはグローブのロゴを見せるために、わざと手を「パー」の状態に開いて撮影に臨んだりします(笑)。

そんな集合写真ですが、国によってスタイルはそれぞれです。前列・後列とも隣の選手と肩を組むチームもあれば、前列は中腰だったりしゃがんだり、後列は腕を組んだり手を後ろに組んだり……

日本代表、いや代表だけでなくJリーグのクラブチームでも、近年は「ある傾向」が見られます。

それは前列の5~6人が片膝立ちで並んでいることです。
しかも、膝をつく側を右か左に統一させてきれいに揃っている感じで。

日本でやり始めてからまだあまり経っていませんが(どういう経緯でそうするようになったのかも不明)、海外ではけっこう前からやっているところがあります。ただし、一部の国で。

最も有名なのは(ていうか、他にあまりない…)、イタリア代表です。
けっこう前から前列の選手は片膝立ちで集合写真に映っています。
過去のイタリア代表の写真を遡っていくと分かりますが、W杯で優勝した2006年ドイツ大会時には既に片膝立ちでしたし、それ以前もそうでした。

Football World Cup, Germany 2006 - Game 41: Czech Rep - Italy

知る限り、イタリア代表で始まったのは1994年W杯アメリカ大会の時です。それ以前は、前列の選手は普通にしゃがんでいました。

何がきっかけになったのか、誰が「言いだしっぺ」なのかは分かりませんが、ユベントス勢の影響ではないかなと推測しています。
というのも、ユベントスでは1991年頃から前列の選手が片膝立ちをしていたからです。ちょうど正GKがステファノ・タッコーニからアンジェロ・ペルッツィに代わった頃です。

当時イタリア代表で幅を利かせていたミランでは、バレージやドナドーニを初めとする前列の選手はしゃがんでいたので、ユベントス(ロベルト・バッジョ?)の影響かな?、と。

しかし、「前列片膝立ち」のルーツは、ユベントスではありません。もっと前からやっていたところを知っています。

それは、ポルトガル代表です。
私が知る限り、初めて「前列片膝立ち」の集合写真をしたのは1986年W杯メキシコ大会のポルトガル代表です。当時はパウロ・フットレが「新星」的な存在で、エースストライカーと言えばフェルナンド・ゴメスでした(と言っても、ほとんどの方は知らないでしょう……)。

一方で、1987年の欧州チャンピオンズカップ(現欧州チャンピオンズ・リーグ)決勝の時のFCポルトの集合写真でも「前列片膝立ち」でした。なので、もしかしたらFCポルトの方が先なのかもしれません。

porto1987grande

余談ですが、当時のFCポルトも素晴らしいチームでした。GKはポーランドのムイナルチク、サイドアタッカーにフットレがいて、中央にラバー・マジェール。DFにもジョアン・ピントがいましたね(と言っても、ほとんどの方は知らないでしょう……)。

まあ、ちょっとしたトリビアです(笑)。

「前列片膝立ち」以外にも、特徴のある写りかたをしているチーム・選手もいます。

フランス代表は、どういうわけかプラティニがいた時代から前列の選手は、試合前に相手キャプテンと交換する記念ペナントを見せるようにして集合写真に収まります。プラティニはよくアラン・ジレスと二人でペナントを持っていましたし、1998年W杯優勝時はデシャンが持っていました。ジダンがキャプテンになってからは、その役目はアンリだったり、バルテズが務めていました。

CDM_France_1986_m

90年代のメキシコ代表GKだったホルヘ・カンポスは、身長が公称175cm、実際は168cmと超小柄でした。しかし、小さく見られるのがイヤだったのか、集合写真では必ず後列中央に陣取り、ボールに乗っかって両隣の選手と肩を組むようにして写っていました。
シークレットブーツならぬ「シークレットボール」を使用していました(笑)。

Mexico 98

今日はマニアックな小ネタです。はい(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする