メイウェザーvsパッキャオ。こんなふうになったらしい

5月2日のフロイド・メイウェザーJr vs マニー・パッキャオ。自分が知りたいなぁと思っていたことがいろいろ決まったようなので、簡単にまとめてみました。

wpid-20150327064553.png

決まったこと

試合の呼称

過去の試合を例に「どうなるんだろう?」というのをこないだ書いたのですが、この試合は

Fight of the Century

になったようです。
かつてのモハメド・アリ vs ジョー・フレージャーと同じ呼称ですが、アリ vs フレージャーが20世紀の「世紀の対戦」で、今回のメイウェザー vs パッキャオは21世紀の「世紀の対戦」ということなのでしょう。

ちょっとデラホーヤ vs トリニダードの「Fight of the Millennium」が空しくなってしまいますね(苦笑)。でも、当時は当時でものすごく盛り上がっていました。

グローブ

これも「どうなるんだろう?」というのを書いていましたが、どうやらメイウェザーはグラント(GRANT)、パッキャオはREYES(レイジェス)とお互い自由に使えることになったようです。

双方譲らなかったので「だったらお互い好きにしようぜ」という流れになったのでしょうか(笑)

試合前のドキュメンタリー

先日、『24/7』や『All Access』のようなドキュメンタリー番組をやらないというのを書きましたが、その代わりにShowtimeとHBOがそれぞれ契約している選手(Showtime=メイウェザー、HBO=パッキャオ)の過去の試合のハイライトと試合前の練習風景を特集した番組を放映することになったようです。

これも肖像権とか放映権の主張で両TV局が譲らなかったので「じゃあどっちも契約選手の特集を組めるようにしよう」ということになったのでしょう。

メイウェザーの方は試合前後の4回に分けて放送。初回は4月18日(現地時間)だそうです。パッキャオの方は4月17日に放映されるようです(これも現地時間)。

リングアナウンサー

これは去年チラと紹介しましたが、内心「どうなるんだろう?」と思っていたことの一つでした(笑)。

Showtimeはジミー・レノンJr、HBOはマイケル・バッファーと契約(?)しています。そのため、従来メイウェザーの試合ではジミー・レノンJrが、パッキャオの試合ではマイケル・バッファーが選手のコールをしていました。

今回の試合でどうなるのか気になっていたのですが、どうも「共同で」行うようです。ジミー・レノンJrがメイウェザーを、マイケル・バッファーがパッキャオのコールをするのでしょう。そして、名ゼリフの

「イ~~ッッツ! ショ~タァァ~~イム(It’s Showtime)!!」と

「ウ~~レッツ ゲッッ レディ トゥ ランボォォ~~(Let’s get ready to rumble)!!」

もそれぞれやるのでしょう(笑)。
これは、マイク・タイソン vs レノックス・ルイスの時もそうだった記憶があります。

このリングアナの「二大共演」も豪華です。
両者ともけっこう良いギャラのようなので(笑)

セコンド

パッキャオの方は、いつものようにフレディ・ローチさんがメイントレーナーになりますが、メイウェザー側は叔父さんのロジャーさんではなくお父さんのフロイドSrがメイントレーナーになり、ロジャー叔父さんはアシスタントになるようです。

これは意外でした。ミット持ったり練習相手になっているのはいつもロジャーさんで、最近の試合もほとんどがロジャーさんがメインで、お父さんは観客席にいたのですが……

チケット&PPV

日本の新聞やTVでも紹介されていましたが、当日のチケットは一番高いもので約900万円、PPV視聴料は約1万円するそうです……

私が米国に住んでいたら1万円払ってでも生中継を観戦するでしょうけど、さすがに会場観戦は強力な「スポンサー様」無しにはムリでしょう(笑)。日本ではWOWOWが放映権を獲得しているので、WOWOWと契約していれば生中継を観ることができます(これはよかった♪)。

終わりに

上記の詳細はこちらに(英語ですが)まとめられています。
今日はその日本語要約のようになってしまいました…(^^;)

いろいろ当日の全容というか選手のコンディション以外の状況が見えてきて、一層テンションが上がってきました♪

こういう時に限って実際の試合がしょっぱかったりすることもありますが(苦笑)、当日まではワクワクしていられます。

この試合の後しばらくは(もしかしたら自分が死ぬまで?)これほどの超ビッグマッチはなさそうなので、試合前のいろんな情報でも楽しんでおこうと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士