音声通話料が半額になるらしいアプリ「みおふぉんダイアルアプリ」を入れてみた

先日書いた通り、私はBlackBerry Classicに「BIC SIM」の音声通話付きSIMカードを使っています。
「BIC SIM」はIIJmioが運営しているSIMで、SIM関連のアプリは基本的にIIJmioのものを利用することになります(他社のものでも良いのかも?)。

4月からLTE通信容量のアップに加えて、音声通話料がグッと下がるアプリ「みおふぉんダイアルアプリ」がリリースされたので、早速インストールしました。
(※本日4月9日現在ではAndroid用アプリしかリリースされておらず、iOS用アプリは後日リリース予定のようです)

wpid-20150406014753.jpg

仕組みはアレと同じらしい

先月末にIIJmioから、このアプリのリリースに関するお知らせのメールが届いたのが知ったきっかけでした。

キャリアの契約とは異なり、MVNOでは基本料金に「無料通話分」が一切ないので、音声通話(普通のケータイ通話)は1分だろうが時間に関係なく「かけた分だけ料金が加算される」ことになります。

それでもキャリアの基本料金に比べれば、音声通話を含めても料金は相当安くなっているのでナーバスになる必要はありませんが(笑)、長電話が予想される時などは活躍しそうだなと思い、トライアルも兼ねて使うことにしたのです。

インストールする前にほんの少し調べてみたのですが、こんな感じのようです。

  • 電話回線は通常の電話回線
  • プレフィックス番号という特定の電話番号を使うことで、通信経路を通常の携帯電話回線ではなく固定電話回線(プレフィックス回線)経由にする。これによって通話料が安くできる
  • プレフィックス番号は、IIJmioのサービスの場合は7ケタ(0037-691)。アプリを導入しなくても、この番号を通常の番号の前に入れて発信すれば(0037ー691-090ーXXXXーXXXXのように)通話料を安くできるが、いちいちそれを電話の都度やるのは面倒
  • そこで、「0037ー691」を自動的に使えるようにしたのがこのアプリ
  • 通常の電話回線であり、発信元はあくまで自分の電話番号
  • 自分のケータイ(スマホ)には発信先が「0037ー691-090ーXXXXーXXXX」のように映るが、相手には普通の自分の番号が映る(090-XXXXーXXXXと映る)。
  • 通常の通話料が20円/30秒(税抜)なのに対し、このサービスを使うと10円/30秒(税抜)になる。国際電話も10円/30秒(税抜)。

どうやらかなり便利なようです♪

実は、SIMを替えた際に通話料を抑えられる方法がないか水面下で(笑)調べていたのですが、どうもこの仕組み、「楽天でんわ」と同じなようです(プレフィックス番号が違うだけ)。

「楽天でんわ」の利用も考えたのですが、個人・クレジット情報を登録しなければならず、それはいいとしても、

「あそこの場合、いろんな売り込みメールをジャカジャカ送って来るからなぁ…」

と、決めかねていました(笑)。そんな時にこのアプリがリリースされたので、絶好のタイミングでした♪
(SIM契約時に個人・クレジット情報を登録済なので、手間も省けます)

終わりに

このアプリを何回か使ってみたのですが、通常の通話と音質も同様で、単純に「通話料が安くなるなら便利だな」と感じました。

ただ、慌てて電話をかける場合等は(あまりないけど)、そのまま従来のようにかけそうです(笑)。長電話になりそうな時に、確実にコレを利用するように心がけておけば良いかなと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする