LTE通信容量がアップ!MVNOのSIMカードがより便利になった

4月になってから気がついたのですが、MVNOのSIMカードが4月からLTE通信の容量が増量されたようです♪これによって、ますますMVNOが便利になります♪

wpid-20150406014745.jpg

1GB増量でもインパクトは大きい

先日書きましたが、私はビックカメラ店頭で即日開通できた「BIC SIM」を使用しています(まだ使い始めて間もないです)。料金プランは、最安の「ミニマムスタートプラン」。3月までLTE通信容量は2GBでした。

それが今月4月から料金そのままで3GBに容量が増えたようです。
他の料金プランも同様に

ミニマムスタートプラン: 2GB → 3GB
ライトスタートプラン : 4GB → 5GB
ファミリーシェアプラン: 7GB → 10GB

という具合に容量が増えたそうです。

このSIMでは(というか、他のSIMでもおおむね同様でしょう)、容量に満たなかった分を翌月まで繰り越すことができます。
例えば、3月1日に使用し始めて、3月中に2GBのうち1GB分しか通信しなかった場合、残りの1GBは翌4月に使えることになります。4月から容量が3GBに増えたので、このケースでは4月は最大4GBまで使えることになります。
(※月の途中から使い始めた場合、その月の容量は月割計算で設定されます)

数字と活字上は「1GBの増量」なのですが、インパクトは相当大きいです。私の料金プラン「ミニマム」の場合、単純に1.5倍も増えたことになります(料金変わらず)。「ライト」の場合でも1.25倍ですし、ファミリーシェアの場合でも1.4倍超の増量です。1GBも増えれば相当な容量アップ感があるので、データのダウンロードやアップロード、連絡やつぶやき(笑)も一層気軽にできそうです♪

家やオフィスでWi-Fiを使用していれば「ミニマム」でも十分いけそう

私は、使い始めた当初は自分のデータ通信量が読めなかったので(ドコモでは単位が「パケット」だったので分かりにくいし、単位を変換するのもめんどくさい)、どんなものかなと「ミニマム」プランで始めてみたのですが、結果的に大正解でした。

オフィスと自宅ではWi-Fiを使用しているので、SIMでのデータ通信が必要なのは外出時に限られます。
しかし、外出時もメールやChatworkでのやりとりはBlackberryで事足りますし、ちょっとしたメモを書いたりするのもBlackBerryでササッとやります。
そのため、PCを開いてもオフラインでだいたいの作業を行いますし(長文のメールだけは送信時にテザリングする)、データ通信の負荷や手間もだいぶ省けています。

(どのスマホでも同じですね……(^^))

まだBlackBerryに入れて1ヶ月弱ですが、BlackBerryでの3月の通信量は1GB程度だったので、かなり余裕があります♪
外でどれくらいの通信量になるかは人それぞれですが(ゲーム系アプリはデータ通信量もけっこう使うらしいし、どんなアプリを使うかや頻度にもよります)、よく使うオフィスや家でWi-Fiを使用していれば、かなり多くの方が「ミニマム」でいけるのではないかなと思います。これからは3GBもありますからね。

「ミニマム」にこだわらなくても、容量5GBの「ライト」でも十分コスパは良いでしょう。

終わりに

私の場合、容量が2GBでも十分だったのに3GBに増量したことでより便利になりましたし、増量によって「俺もイケそうだ!」という人も多数出てくるのではないかなと思いました。

(私はめんどくさがりだったのでしませんでしたが)、事前に自分の1ヶ月当たりのデータ通信量を確認してみて、上記のいずれかのプランで行けそうならばSIMを変える良い機会になるかもしれません。

別に3大キャリアを敵対視しているわけではないし不買運動を起こしているつもりも毛頭ありませんが(笑)、消費税やら何やらがアップして負担が増したことで「抑えられるコストは抑えたい」となった時に、ケータイ・スマホの料金は有力な「固定費削減対象」になるのではないかと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする