ドリブル最速…この数字だけ見ても分からないって!

サッカーでは、スピードが重要な要素の一つです。
サッカーの場合、単純なダッシュの速さも大事ですが、ボールを持った状態(ドリブル)での速さも非常に重要です。足が速くても、ボールを持った途端にスピードが落ちると残念だったりします(そんな選手あまりいませんけど)。

昨日、ドリブルのスピードに関してこんな記事が出ていました。

C・ロナ5位、メッシ7位…時速36.9kmの世界一速いドリブラーは?

メキシコ1部リーグの強豪パチューカが、FIFA(国際サッカー連盟)の公認データを基に世界一ドリブルの速い選手を発表し、レアル・マドリードのウェールズ代表MFガレス・ベイルが時速36.9kmで最速の選手であることが明らかとなった。28日のスペイン紙『マルカ』などが報じた。

・・・

ドリブルの速さを数値化した世界ランキングは以下のとおり。
1、ガレス・ベイル(レアル・マドリード):時速36.9km
2、ユルゲン・ダム(パチューカ):時速35.2km
3、アントニオ・バレンシア(マンチェスター・U): 時速35.1km
4、アーロン・レノン(エバートン):時速33.8km
5、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード):時速33.6km
6、セオ・ウォルコット(アーセナル):時速32.7km
7、リオネル・メッシ(バルセロナ):時速32.5km
8、ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U): 時速31.2km
9、フランク・リベリー(バイエルン):時速30.7km
10、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード):時速30.6km

大元の記事であるスペインの『マルカ』紙を確認していませんが、疑問がいくつかあります。

  • この「速さ」は、最高瞬間速度なのか?平均速度なのか?それともどこかの時点での速度なのか?
  • 何メートルをドリブルした結果の記録なのか?
  • あれれ?ロッベンはいないの?

等々。
これらが分からないと、そのまんま受け取ることはできないと思います。

同じ「速い」でも、選手によってタイプも違うって!

トップ10にリストされた選手は、概ね「瞬足」と言われている選手です。
試合でもダッシュが速い印象のある選手ばかりです。

しかし、同じ「速い」でも選手によって特徴は違います。

例えば、リオネル・メッシは100mの距離だと(ドリブルでも)大して速くないはずです。日本人でも勝てる選手はいるでしょう。
メッシの場合、最初の20~30mぐらいが抜群に速いです。「よーいドン」の瞬間にトップギアになって、爆発的なスピードを出します。だから、誰もメッシのゴール近くでの動きについていけないのです。元選手ならホナウドもこのタイプです。
もしもこれが自陣からのカウンターのように単独でのドリブルなら、多分DFは追いつけるはずです。

クリスティアーノ・ロナウド(以下、CR)も最高速度は抜群に速いです。ただ、CRがトップスピードになるのはスタートから10過ぎ~40mぐらいじゃないかなと思います。最初の10mも速いですが、まだギアは「4速」ぐらいのような感じです。
CRもメッシと同様に長い距離を速く走る感じではなく、短い距離を速く走るタイプです。だから、速攻でも走るのは50m以内の方がスピードが生きると思っています。

これと逆のタイプなのはロッベンとベイルでしょう。

ロッベンは、50~100m走だと抜群に速い印象です。トップスピードになるのはスタートから20~60mぐらいかなと。瞬間的に相手を置き去りにするのではなく、最初は相手と競ったうえで競り勝つような印象が強いです。20m走のような超短距離ではメッシに負けても、50m以上の距離なら圧勝でしょう。

ベイルはもっと長い距離で速さが生かせるタイプです。おそらくトップスピードになるのはスタートから30m以降のはず。そして50mよりも長い距離を誰よりも速く走る印象です。瞬間的にトップギアになるというよりも、3速ぐらいからジワジワとトップギアに上がっていくタイプかなと。

実際、ベイルの速さが特に活きた試合は、長い距離の速攻が多いです。トッテナム時代のインテル戦(ベイルがハットトリックをした試合)や去年(2014年)のコパ・デル・レイ決勝のバルサ戦なんかは好例でしょう。

まとめ

「速い」と一言で言ってもタイプが全然違うし、サッカーの場合決まった距離を競うわけでもないので、あまり順位づけには意味がないように思います。

100m走のように決まった距離だったとしても、カール・ルイスやウサイン・ボルトみたいに50m過ぎからトップギアになる選手もいれば、ベン・ジョンソンやタイソン・ゲイのようにスタート時の初速が速い選手もいます。
(一部表現が古いですね……(^^;))

正しい順位をつけるなら、一斉に「よーいドン」でやるしかないんじゃないかと思います(苦笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする