健康であることを数字で確認できるとやっぱりうれしい

小学校1年生の娘が、修了式を終えて春休み中です。

小学校での1年目を終えて、娘が持って帰ってきた通知表を見たのですが、学習成績以上にうれしい数字がありました。

wpid-20150326103858.jpg

成績自体は「Excellent」でもなく、「Bad」でもなく、まあ「Good」(笑)。

この「まあまあ感」が良いかなと(笑)。
良すぎれば「飛ばし過ぎじゃないかな?どこかで無理してないかな?」と思いますし、悪ければ悪いで「大丈夫かな?授業について行けてないのかな?自分もしっかり教えた方がよいのかな?」とか思ってしまいます。
良すぎても悪すぎても心配っていう(笑)。

体育も及第点。運動神経があるのかないのか分からないけど、リズム感はありそうなので良いかなと(笑)。リズム感は何をやるにも大事です。

しかし、学習成績よりもうれしかったのが、これです。

wpid-20150326104406.jpg

欠席日数ゼロ。1年間健康に過ごせたことです。
厳密には一度インフルエンザに罹ってしまって3日間休んだのですが、それは「出席停止(出停)」扱いになったようです。

娘のクラスでは、29人中7人も欠席した日があったようですし、全校レベルで風邪や胃腸炎が流行った時期もあったのですが、娘はインフルエンザの一度だけで済んだようです。

インフルエンザも「超軽症」で、休んだ2日目には熱が下がり、家で『妖怪ウォッチ』のDVDを見て笑っていました(笑)。インフルエンザの場合、医者の治癒証明書が必要で、それをもらうには○日間経過しないといけない、というのがあるので3日間休ませましたが、すぐにケロッと治ってくれたので安心でした。

1年間を健康に過ごせたことを数字で改めて確認できると、やっぱりうれしいものです。

子供の中学以降の進学のことはノープランなので(苦笑)、子供に対して今一番大事に考えていることは健康です。その結果が数字で表れているので、通知表は親にとっても「成績表」のように感じます。食材や栄養バランスを考えて料理してくれている妻にも感謝しかありません(これは書いておかないといけない。見ている・見ていないはともかくとして(笑))。

まだ1年生を終えたばかりだし、何もプレッシャーを感じる必要はないので、伸び伸びといろんなことを楽しく経験してほしいなと思っています。そのためには、自分もできる範囲で最大限に協力していこうと改めて感じます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする