まだあった(笑)メイウェザーvsパッキャオで注目するところ

フロイド・メイウェザーJr vs マニー・パッキャオ。
両者ともピークを過ぎていて、遅かった感は否めませんが、それでも現役ボクサーの中では「究極の対決」と言えるカードです。そのため、注目するところもたくさんあります。

先日けっこう熱く書いてみましたが、まだまだありました(笑)。

今回はほどほどの熱さで書いてみようと思います。

まだある!注目するところ

シューズ

まずシューズから見ると、メイウェザーはリーボック(Reebok)と契約しているのに対し、パッキャオはナイキ(NIKE)です。

人気が「パッキャオ>>メイウェザー」なためか、パッキャオモデルのボクシングシューズは販売されているのですが(しかも超かっこいい)、メイウェザーモデルのボクシングシューズは販売されていません(米国行けばある?)……

今回は注目度がハンパではないので、(毎試合そうですが)両メーカーともトランクスに合わせたカラーリングのスペシャルモデルを用意するでしょう。
試合内容次第だけど、欲しくなるかもしれない(笑)

グローブ

試合で、メイウェザーはグラント(GRANT)製のグローブを使用しているのに対し、パッキャオは一貫してレイジェス(REYES)です。

通常グローブは両選手全く同じメーカー&オンスのものを使用します。グラントもレイジェスも共にメキシコ製で、ナックルが薄め(アンコ部分の密度が日本製のものより少ない)の作りです。しかし、それでも実際に使用した印象ではグラントの方がまだ厚いです。
大きなハンデはないかもしれませんが、どちらに統一するのでしょう?

ちなみに、レイジェスを愛用するデラホーヤがメイウェザーと対戦した時は、グローブは「統一」され、メイウェザーもレイジェスを使いました。

なぜメイウェザーがグラントで、パッキャオがレイジェスか?
メイウェザーはお金(契約金)と自由なデザイン(カラーリング)、パッキャオはパンチの威力(ナックルが薄い方が相手にピンポイントでダメージを与えやすい)を重視してのものでしょう。試合においては「安全性」を犠牲にしています。

しかし、両者ともトレーニングでは日本製のウイニングのグローブを使用しています。ウイニング製の安全性・信頼性の証と言えるでしょう。

現時点で詳細情報がないのでアレですが、双方合意のうえで「好きなものを使ってよい」になる可能性もあります。

会場の観客(笑)

毎回、ボクシングのビッグカードには、いわゆる「セレブ」が多く観戦します。
新旧NBA選手(マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、チャールズ・バークリー、シャキール・オニール等々)やサッカー選手(デビッド・ベッカム等)、元ボクサー(イベンダー・ホリフィールド、マイク・タイソン、モハメド・アリ等々)、映画俳優(シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブラッド・ピット、ウィル・スミス等々)、ガチセレブ(トランプ親子)等々。

当然みんな会場前方の良い席なのですが、

「一体いくらぐらいで購入しているのか?」

とか興味があります(笑)。
招待されている人もいるのでしょうけど。

今回も「セレブ」が多数観戦するでしょう。
今回ばかりは、セレブ間の「チケット争奪戦」が凄いかもしれないので、TVに映るセレブは、その争奪戦の「勝者」と言えるでしょう(笑)。

終わりに

探せばまだありそうですが(笑)、このぐらいにしておきます。

時間が経つにつれて(試合当日に近づくにつれて)テンションが上がってきます。
この感じだと、おそらく試合1週間前あたりからサッカーとか他のスポーツには目を向けなくなるかも(笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士