アワーレコードの記録更新が連発しているようで…

自転車レースには「アワーレコード」という、あまり聞き慣れない言葉があります。

「アワーレコード」とは「Hour Record」のことで、要は「1時間でどれだけ走れるか」の記録を争うものです。
小学生や中学生の頃に、スポーツテストで行った「5分間走」と同じような感じです。

サイクルロードレーサーでもコースは競輪などのトラックで行われます。そこで1時間走り続けて、どれだけ周回できるか(どれだけ長い距離を走行できるか)を競うのです。

競技として存在するわけではないので、いわゆる「アワーレコード世界選手権」のようなものがあるわけではありません。実力のあるレーサーが、力試しにイベント等で「勝負」を挑むのです。

前置きが長くなりましたが、この1年間で、そのアワーレコードの世界記録が3回も更新されています。

2005年にオンドジェイ・ソセンカというチェコの選手が出した49.700㎞が従前の世界記録だったのですが、去年9月にドイツのイェンス・フォイクトが51.115kmと大幅に更新しました(しかも現役引退直前に…)。
かと思っていたら、翌月の10月にオーストリアのマティアス・ブランドルが51.852kmをマークして記録更新
かと思っていたら(笑)、今度はつい最近(2月8日)オーストラリアのローハン・デニスが52.491kmをマーク。初めての52km超えを達成しました。

この記録、要するに平均時速約52.5kmで1時間ずっと走り続けていたことになります。

サイクルロードレースでも競輪でもそうですが、ずっと一定の速度で走り続けるわけではなく、レースには緩急があります。周りの選手との駆け引きがあるので、ペースを落として様子を見たり、相手の背後について風よけになってもらったり、急激に加速して相手をふるい落としたりするわけです。

つまり、アワーレコードは、本来のレースとは全くの別モノと言えます。
競争相手がおらず、ゴールがあるわけでもなく、一人でひたすら走行しないといけない。しかもほぼフルスロットルで。

サイクルロードレーサーにとっては、個人タイムトライアル(以下、TT)に近いでしょう。
ただ、1時間近くも個人TTをすることは非常に少なく(プロレーサーでも年に1~2回ぐらいでは?)、レースで勝つために必要なモノとは違うかなと思うので、コレに向けた練習を日常的におこなっている選手はほとんどいないはずです。その点も条件はフェアかもしれませんが。

1時間もの間一人でトラックをひたすらグルグル回り続けるわけですから、高速で走り続ける体力だけでなく、安定を保てる精神力も必要です。それだけに、選手にとって大変そうなのは容易に想像できます。

このアワーレコード、最近になって世界記録が続々更新されているのは、去年5月にルール改定でエアロヘルメットやディスクホイール・エアロバー等の装備ができるようになった点も大きいようです。装備するアイテムの自由度が増したということです。

自転車競技のアイテムは、バイクも含め年々進化しています。素材的にも空力的にも軽量化や効率化が進み、より「体力的な負荷がかからない」仕様になってきています。そのため、今度も記録が続々と更新されるのかなと思います。

フェアであることを追求すると、「使用するバイクやウェア、ヘルメットを統一しろ」ということにもなりかねませんが、現状ではそこまでは求められていないようです(ママチャリ使用が義務付けられたら、それはそれで面白そうではありますが(^^))。

そして、注目している点が一つあります。

まだ「真打」と言える選手が挑戦していません……。

TTスペシャリストのトニ・マルティン(ドイツ)やファビアン・カンチェラーラ(スイス)、オールラウンダーのブラッドリー・ウィギンズ(英国)、クリス・フルーム(英国)辺りです。彼らはこのテのレースには間違いなく強そうなので、体力が衰えないうちに是非挑戦してほしいものです。

精神面の強さが要求されることを考えると、若さだけで出来るものでもなさそうです。そう考えると、上記4選手は本気になれば十分に可能性があると思います。

アワーレコードの記事を見て触発されて、こないだの祝日にランで「ひとりアワーレコード」という名の1時間走をしてみました。
結果は、13.310km。10kmを45分ぐらいのペースなのでまあまあでしたが、今一つ突き抜けていないなと、あまり満足できない結果でした(苦笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする