同窓会やっぱり良かった

先週末に、中学校の同窓会に参加しました。
5年前にあった同窓会にも参加しましたが、中学卒業以来25年ぶりに再会した同窓生もいて、感慨深い一日でした。

wpid-20150209102432.jpg

恐ろしい現実を実感…

当日は先生・生徒の計約70人が参加しました。学年全体で190人位いましたが、仕事の都合でどうしても参加できなかった人や海外赴任中または遠方に住んでいる人、連絡先が分からなくなった人等もいたので、それを考えればけっこう高い参加率だったと思います(個別に連絡をとって、当日の準備を進めてくれた幹事の人には、ただただ感謝でした)。

先生方は皆お元気そうでしたし(既にリタイアした先生もいますが)、仲間たちもみんな変わらず元気そうでした。ちなみに、悪い事で有名になった仲間もおらず、これもまた良かったです(笑)。

先々週末の浦安の10kmレースに参加していた仲間も何人かいました。
来年以降は、彼らとの「勝負」も楽しみの一つになりそうです(笑)。

中学を卒業してから、成人式で一堂に会したことが一度ありましたが、それも20年前の話です。
今年は自分たちの「2度目の成人式の年」にあたるのだという事実に、「自分たちはもう「若者」というカテゴリーから外れているのだ」ということを一気に実感しました(苦笑)。自分もそうですが、仲間たちも中学生当時の面影を残しつつ、それなりの「年季」がどこかに現れていました(笑)。

感じたこと

近況を話し合っていると、みんなそれぞれの場所・フィールドで頑張っているようでした。会社を経営している人もいましたし、海外を拠点に活躍している人や、育児に奮闘している人、少年野球のコーチをしている人、経理担当者として監査法人の会計士とやりとりしている人(笑)等々いました。士業をしているのは私だけだったようですが、仲間たちと話していて

「日々頑張っているのも、苦労しているのも、悩んでいるのも、自分だけではない」

という、当たり前のことを改めて感じることができて、とても良い刺激を受けました。

士業者が希少だったため、先生方や多くの仲間から「すごいねぇ~」と言われましたが、みんなすごいじゃんと思っていました。
20年以上ずっと同じ職場で働き続けている仲間もいましたし、高校生のお子さんがいる仲間もいましたし、自分で事業を興して活躍している仲間もいましたし。みんな「尊敬」です。誰一人として同じ経験やキャリアを経ていないわけで、「○○だけは特別」というのはありません。

とにかく、みんなそれぞれ頑張っているというのを聞いて/知って、元気が出ました(もともと元気ですが(笑)、更に元気に!)。

「またみんなで集まろう!」と散会したのですが、今からそれが楽しみです(終わってまだ3日しか経っていないのに…(笑))。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする