いろんなスポーツでメーカーの「2強」化が進んでいる気がする…

スポーツを見るのが好きなので、いろんなスポーツをよく見るのですが、この10年ぐらいで「ある傾向」を感じます。

それは、アディダスとナイキの「2強」化が進んでいることです。

fusion_NIKE-ADIDAS

 サッカー

サッカーは言うまでもないでしょう。海外の現役選手は4分の3以上(8割ぐらい?)がアディダスかナイキのスパイクを履いています。

例を挙げると、

メッシ、ロッベン、V・ペルシー、ベイル、エジル、ベンゼマ、チャビ、ディ・マリア、ジェラード、ランパード等々はアディダス

C・ロナウド、イブラヒモヴィッチ、イニエスタ、ルーニー、ネイマール、ピルロ、リベリ―、アザール、ゲッツェ等々はナイキ

という具合です。

残り約4分の1がプーマ等なのですが、プーマが今や「マイノリティ」です。ペレ、クライフ、マラドーナ、マテウスらが履いていた、あのプーマが……

NBA(バスケットボール)

NBAでも、アディダスとナイキが7割近いシェアのように見えます。
以前はコンバースやリーボックもけっこういたのですが、今はアディダスとナイキが目立ちます。

L・ジェームズ、K・ブライアント、C・ポール、B・グリフィン、K・デュラント、P・ピアース等々がナイキ

T・ダンカン、D・ローズ、D・ハワード等々がアディダス

という感じです。

サッカーと違うのは、まだまだナイキが圧倒的トップなところ、中国メーカーが台頭しているところでしょうか。
Li-ningやAntaという中国メーカーがD・ウェイドやK・ガーネットらと契約しているようです。

かつては、ドクターJやマジック・ジョンソン、ラリー・バード等がコンバースを履き、S・オニールやS・ケンプ、A・アイバーソンらがリーボック、K・マローンがL.A.ギアとAPEX、H・オラジュワンがL.A.ギアとスポルディング、C・ドレクスラーがAVIAを履いていたのですが、最近は全然見かけません。
かなり「マイノリティ」化しているようです……。

野球

日本では日本メーカー(ミズノ、アシックス等)のシェアは変わらず高いですが、MLBを見ているとアディダス、ナイキのスパイクを履いている選手はけっこう目につきます。

NBA同様、まだナイキが圧倒的にトップかなと思いますが、地味にアディダスが伸びている気が…。以前はリーボックも多かったですが、最近は少なったように思います。D・オルティーズ、T・リンスカム、J・バーランダーはリーボックですね。最近は、時々アンダーアーマーのスパイクも見ます。

陸上競技

短距離ではU・ボルトがプーマで孤軍奮闘している感じがしますが、広い視野で見ると、「2強」状態になっているように思います。

日本ではアシックス、ミズノが非常に多いです。さすが日本のメーカーです。
しかしマラソンを見ていると、ケニア・エチオピア勢はほとんどがナイキかアディダスのようですし、他の競技でもアディダスとナイキが多数を占めている印象があります。

テニス

ウェアはまだいろいろ見ますが、シューズのシェアはサッカーと同じような感じに見えます。世界のトップ5を見ると、

N・ジョコビッチ、錦織圭選手、A・マレーはアディダス

R・フェデラー、R・ナダルはナイキ

という感じです。
(トップ5に日本人選手の名前が挙がるのは素晴らしい…(^^))

S・ワウリンカがヨネックス、D・フェレールがロットと契約していますが、トップ選手の中では「マイノリティ」なのかなと。

以前は、リーボック(M・チャン)やディアドラ(B・ベッカー、G・イワニセビッチ)、ミズノ(I・レンドル、松岡選手)、ルコック(Y・ノア)等、メーカーがもう少し多様だった気がします。最近、あまり見かけなくなっています…

まとめ

最近ではゴルフや格闘技でもアディダスとナイキのロゴを見るようになりました。
この2大メーカー、いずれほとんどのスポーツを席捲してしまうのではないかという勢いです。

長年のブランディングと緻密なマーケティング戦略の成果なのでしょうけれど、一人の「ひねくれユーザー」の目線で見ると、違うメーカーのものを使用したくなります。

周りの他の人とカブるのがイヤなので……(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする