シャドーボクシングを再開してみた

最近、ラントレ後に2ラウンド分だけですが、シャドーボクシングをやるようにしています。

ボクシングをする予定もなく、誰かとファイトする予定も全くないのですが(笑)、試しにちょっとやってみたくなったためです。

久しぶりにやってみて、すぐに気づいたことが2つありました。

wpid-20150118120638.jpg

フォームは忘れてしまうもの

以前ボクシングジムに通っていた時に、指導してくれていたトレーナーの方に

「フォームはすぐに忘れちゃうものだよ。プロだって、1ヶ月もブランク作ったらメチャメチャだよ」

と言われました。
当時は「まさか(笑)」と思っていましたが、よく分かりました(苦笑)。

私の場合、ボクシングから離れて数年経っており、しかもただのアマチュアなので、プロと比較するのも失礼な話ですが、それでもトップクラスの試合をけっこう見ているので「そんなに崩れないだろう」とタカをくくっていました。

しかし、実際に動かしてみると「あれ?こうだったかな?」と思う場面もありましたし、ガラスに映っている自分を見たら、見るも無残な酷いフォームでした……。
(かろうじて、足の運びはそれなりに出来ていたと思います。自画自賛。)

フォームが悪いと、パンチの出し方もイマイチな感じがします。遠い記憶ながら、「かつての自分の動きとは明らかに違う」という違和感がありました。

そのため、まずはフォームを思い出すことから始めなければならないと痛感しました。

かつての身体のキレが取り戻せそう

シャドーボクシングは、なにげに良い全身運動です。

パンチを出す時は、しっかり脚の踏み込みをしますので下半身も使います。腰もしっかり使いますし、肩から腕をしっかりのばします。
ディフェンスの構えの時も、足腰をしっかり使わないと良い動きができませんし、自然に上半身が反応するところをイメージしながら動くと、全身をまんべんなく動かすことができます。

普段デスクワークが多くて上半身が凝り固まっていても、軽くシャドーをするだけで大分ほぐれそうな感じがします。

やりがいアリ!

究極的には、ジムに通っていた時と同じレベルの身体のキレを戻せればと思っていますが、だいぶ歳をとっているので(苦笑)けっこう時間がかかりそうです…。

けれど、やってみると、自分の身体のキレの「失い具合」を身をもって感じることができ、「このままじゃマズイ」と実感できたので、やってみて良かったなと思っています。

今後は、ラントレとセットでシャドーをやるつもりです。ラントレ後の疲れ具合にもよりますが、ラウンド数も徐々に増やしていこうかなと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士