アギーレ監督関連のゴタゴタで思うこと

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督のレアル・サラゴサでの監督時代の八百長疑惑の件で、マスコミが大騒ぎしています。

日本代表緊急ミーティングで一丸 異常事態も“やるしかない”

現役代表監督の醜聞なので当然と言えば当然でしょうし、プロスポーツにおいて「やっちゃいけないこと」の代表格でもある八百長に関与しているとなると、事態が大きくなるのも分かります。

一方で、同時に思うこともあります。
それは、

だからって、それが理由でアジアカップで負けるなんて、ありえないっしょ。

です。

日本代表って、どこを目指していたんでしたっけ?
ちょうど1年前くらいは、「W杯優勝だって不可能ではない」とか何とか言っていた選手もいたような?
マスコミも「グループリーグは突破できるでしょう」ぐらいの書き方をしていたような?

今も「W杯優勝」またはそれに限りなく近い上位を目指しているのなら、アジアで頂点に立つことは「ただの通過点」であり、「ノルマ」なのでは?

去年のW杯にアジア・オセアニア代表として出場した日本、韓国、イラン、オーストラリアの4か国が、グループリーグで獲得した勝ち点は、日本の引き分け(ギリシャ戦)を含めてたったの「3」です。
それがアジアのレベルです。

今回のアジアカップ開催国のオーストラリアも、去年のW杯では、あのスペインに(しかも最終戦なので、控え選手に入れ替えて思い出作り)で0-3で負けています。

なので、高みを目指しているのなら、代表選手や関係者には

「へっ(嘲笑)。アジアカップなんてチョロいッスよ♪」

ぐらいのスタンスで臨んでほしいし、今回のゴタゴタに対しても

「フッ(嘲笑)。だからどうしたの?」

ぐらいでいてほしいものです。

「緊急ミーティング」や「やるしかない」的な報道が出ると、「そんなにマズイの?」と思ってしまいます。というか、監督問題がマズイのか、それとも日本代表の実力がマズイのか、という疑問まで出てきます(笑)。

マスコミの報道は「ビジネス煽り」なものも多いので、その辺も踏まえて記事を見た方が良いのでしょう。万が一アジアカップで負けたら、本気で見直さないといけないのでは?と思います。
選手は自分たちの実力を。ファンは代表チームの見方を。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする