バロンドールの傾向について考えてみた

2014年のFIFAバロンドールがクリスティアーノ・ロナウドに決定したそうです。
以前にも少し触れましたが、個人的に「受賞してほしいのはクリスティアーノ・ロナウド、実際に受賞するのはマヌエル・ノイアーかな」と考えていたので、予想は外れたものの、望んだとおりの結果となりました。

しかしバロンドール、受賞傾向を見ていると、過去との「大きな違い」を感じるなあと思ったので、それについて書いてみます。

「2人の争い」になっている…

欧州以外の選手からも選ばれるようになった1995年からの受賞者は、以下の通りです。

1995 ジョージ・ウェア(リベリア)
1996 マティアス・ザマー(ドイツ)
1997 ホナウド(ブラジル)
1998 ジネディーヌ・ジダン(フランス)
1999 ヒバウド(ブラジル)
2000 ルイス・フィーゴ(ポルトガル)
2001 マイケル・オーウェン(イングランド)
2002 ホナウド(ブラジル)
2003 パヴェル・ネドヴェド(チェコ)
2004 アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ)
2005 ホナウジーニョ(ブラジル)
2006 ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア)
2007 カカ(ブラジル)
2008 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
2009 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
2010 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
2011 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
2012 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
2013 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
2014 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

2008年以降は、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの2人で争っている状態です……。

それまでは連続受賞は極めて稀でしたが、メッシが連続受賞した辺りから流れが変わってきています。

「なんでだろう?」と考察してみました。

選手と監督も投票するようになった

従来、バロンドールは世界各国のサッカー記者のみからの投票によって選ばれていました。記者は「見る側」のプロであり、世界各国のサッカーを見ているだけでなく、その年のビッグタイトルを獲得したチームの試合もたくさん見るので、そこから「その年に最も優れていた選手」という視点で投票していたのでしょう。
そのため、「年間最優秀選手」の選考という意味では、比較的幅広い視点で、かつフェアに選考されていたように思います(もちろん、記者の独断・偏見も混入しますが)。

しかし、2010年からは「FIFA年間最優秀選手」と『フランスフットボール』誌の「バロンドール」が統合されて「FIFAバロンドール」となり、投票者に各国代表監督と主将が加わるようになりました。
「現場の目線」も重視しようという意図なのだろうと推測しています。

それによってどうなったかというと、ピッチでプレーする選手が「スゲー」と思う選手に票が集まるようになったように感じられます。要は「その年に最も活躍した選手」という視点よりも「とにかくスゲーと思う選手」という視点の方に軸が移ってしまったように思うのです。

サッカーは言うまでもなくチームスポーツなので、本来は優れたチームがスポットライトを浴びて、その中から最も素晴らしかった選手が「年間最優秀選手」にふさわしいと私は思っていますが、どうも監督と選手が選考に加わるようになってそうでもなくなっているように感じられます…。

 これからもつづくかな、と思う傾向

今の選考方法がつづく限りは、今後も以下に該当する選手が選考されるのかなと思います。

  •  ビッグクラブのエースプレーヤー(特別な存在といえる選手)
  • その選手の所属チームは無冠ではなく、何かタイトルを獲得している(なんでもいい)
  • W杯やEUROで優勝したチームからは、特別目立った選手でないと難しそう…

2014年であれば、W杯で優勝したドイツから選ばれても良いと思います。
しかし「じゃあドイツから誰を選ぶ?」となると、複数の意見が出てくるでしょう。マヌエル・ノイアーが最終候補になりましたが、優勝チームを見ていると、T・ミュラーでもT・クロースも十分に資格があると思います。ミュラーはW杯でチーム得点王でしたし、クロースはバイエルンでも、移籍したレアルでも素晴らしい活躍をしています。

要するに、ドイツには「スペシャル・ワン」がいなかったのかなあと。
「みんな素晴らしかった」ということで…
1990年の西ドイツ代表も同じような感じでした……

異論や是非等いろいろあると思います。
私も本音は「う~ん…」なので(苦笑)

同日に決定したベスト11も、ちょっと「あれあれ?」な感じなので、そのうち書いてみます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする