ブログを書いていて良かったと思うこと

ブログを書き始めてまだ1年ほどですが、自分の中で習慣化しつつあるのを感じるのと同時に、「書いていて良かったなぁ」と思うことがあります。

myblogpic

アウトプット能力の鍛錬になる

その大きな一つは、ジャンルを問わずアウトプット(書くこと)がスムーズになってきていることです。仕事の文面でも、子供の保育園の連絡ノートでも(笑)、以前は書く前に

「さあ、何を書こうか……」

と、しばし考え込んで、思いついたら書き始め、しばらくしたら手が止まって再び考え込んで……

という感じでしたが、この半年ぐらいは、そうなってしまうことが激減したことを実感しています。子供の保育園の連絡ノート(私が家での様子を書く担当です)は、手が動いたら書き切るまでノンストップで書けるようになりました。

ブログを書く時も、以前は相当時間がかかっていましたが(場合によっては、1記事に2時間超)、最近では平均して1時間前後になっています。画像のチョイスや体裁調整にまだ少しかかっていますが……。

私がブログを始めたきっかけには、アウトプット能力を鍛えるというのも一つにありました。

今までアタマの中はグルグルカタカタ動いて思考していても、実際にそれを文章や言葉で表現しようとすると「うー…」、「あー…」、「えー…」となることが多々ありました。ブログを毎日更新している方々のページを読んでいて、ブログを書き続ける効果の一つとして「アウトプット能力の向上」というのがあったのを見て、自分も始めようと思ったのです。

若い頃はインプット中心の勉強ばかりしてきて、アウトプット能力は自他共に認める低さだったので、アウトプットの日常的な鍛錬も私には必要でした。それがブログによって出来てきているように感じています。

道はまだまだ半ば・・・

正直、まだまだ道半ばです。

少しずつアウトプットのスピードが上がっているのは体感できているものの、質的にはまだまだ向上の余地がたくさんありますし、今後もつづけていかないといけないと思っています(究極的には永久につづけないといけないのでしょう)。

私の場合、平日はほぼ毎日更新しているものの、年中無休で毎日更新しつづけている方もたくさんいらっしゃいますし、読みやすさや分かりやすさも素晴らしい方がたくさんいらっしゃいます(ちょっとググれば、そんなブログがたくさん出てきます)。

ただ、それでも自分なりにコツコツつづけていけば、少なくともつづけていないよりもアウトプット能力が向上するスピードは速いだろうなと思いますし、「以前の自分」よりは格段に良くなっているはずだと思っています。

ちなみに、私の中では、1記事当たり1000字~2000字を目安に書くようにしてきました。「画像を貼ってひと言だけ」だったり、400字程度の字数であればラクでしょうけど、ある程度の長さのアウトプットをスラスラできるようにしたいと考えると、やっぱり1000字ぐらいはしっかり書きたいなと思ってたのです。140字程度ならTwitterやFacebookで十分ですし。

まだまだ文章力、アウトプット能力を向上させなければなりませんが、仕事にも人生にも良い影響があると信じて今後もつづけます。

(なお、ここまでを約36分で書き上げました。これは自分の中ではけっこう調子いいです(^^))

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする