寒い冬のラントレで着用しているアイテム

だんだん冬らしい寒さになって、ラントレに外に出るのも辛くなってきました。

毎年のことなので私はそれも楽しんでいますが(笑)、1~2年目の方だと楽しんでいられないでしょう。そんな寒い時の私の装備(冬用にプラスするもの)について書いてみます。

01310123302

必然的に袖は長くなる

夏場や比較的暖かい(または涼しい)時期なら、上は半袖または袖なしのシャツで、下はヒザ上ぐらいまでのスパッツが基本スタイルなのですが、寒い時は外気に当たる部分を最小化しないとキツイです(誰もがご存知)。

そのため、必然的に「長袖・ロンパン」が冬の定番スタイルになります。

よくショップで売っているランニング用の軽め&薄手のジャージの上下セットを使用しています。天候が良くて少しは暖かそうならもう少し軽装備にしますが、寒い時はジャージを着ます。ただし、走るのに邪魔になるほど厚く着込まないようにしています。

プラスして装備するアイテム

ジャージを着ればすべてが解決、というわけではありません。まだまだ寒くてツライところがあちこちにあるので(苦笑)、そこもカバーするようにします。

wpid-20150610113714.jpg

手袋

よく「身体の先端部分から身体全体が冷える」とか「身体の先端部分を温めとけば大丈夫」と言われます。ジャージを着てもカバーされないのは、手と頭です(頭は後述)。手には手袋が欠かせません。

手が冷えていると、ラントレしていても不便です。時計の操作やiPodの操作もぎこちなくなります。靴の紐が解けてしまって、結び直すときも一苦労です。

身体を温めること以外に、諸々の動作のスムーズさを保つ意味でも、手袋はマストになっています。

ネックウォーマー

ここもジャージだけではカバーされない部分です。ジッパー(チャック)を上まで締めても、首に隙間があり、そこから冷気が入ってきます。

若い頃は首を温めなくても平気だったのですが、さすがに歳をとってきて首までカバーしないと辛くなってきました(苦笑)。

一見「ほんとに暖かいの?」と疑わしい(?)アイテムですが、装備するのとしないのとでは全然違います。かなりの威力を発揮してくれます。マフラーと同じですね。

帽子

いわゆるキャップ型の帽子ではなく、ニット帽のように頭をスッポリと覆ってくれるタイプの帽子です。

冬では紫外線や熱中症予防ではなく、「身体を温める」ことが帽子の役割になります。そのため、帽子のタイプも必然的に異なってきます。

耳までカバーしてくれるタイプを使用しています。これにより、かなり寒さが軽減されます。

ただし、帽子については装備する日・しない日があります。ここは気分次第です(笑)。

まとめ

寒くて朝外に出るのがツライ時期は、走りに支障が出ない範囲で装備を厚めにした方が良いでしょう。もっと装備しても良いくらいですが、「最小限」を意識して絞り込んだら上記3つになりました。

(当然ですが、ドリンクや時計、サングラス、Road IDのリストバンドはマストです)

ただ、寒いのは最初の10分ぐらいだけです。寒さに耐えながら2km近く走れば、身体はかなり温かくなってきます。そこからは通常に近いパフォーマンスを出せると思いますし、(人によっては)汗も出てくるので、最初の10分を何とか乗り切りましょう!

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士