やっぱりハード…チャンピオンのワークアウト

米国某州に旅行した時に、とある書店でボクサー必携(?)の本を買いました。

この本は簡単に言うと、「著名な世界チャンピオンたちが現役時代にどんな練習をしていたか」をまとめたものです。Gary Toddさんというオーストラリア人のジャーナリスト兼ボクサーの方が個別に選手に取材してまとめたもので、全般的なこと(日常生活等)のQ&Aと練習メニューとに分けて書かれています。

私のような「見るのも好き・するのも好き」な方には堪らない本です(笑)。

014082711104

掲載されている選手も、錚々たる顔ぶれです。ざっと

モハメド・アリ
アイラン・バークリー
ナイジェル・ベン
フランク・ブルーノ
ケン・ブキャナン
クリス・バード
ジェフ・フェネック
リッキー・ハットン
ロイ・ジョーンズJr
リカルド・ロペス
マイク・マッカラム
ウェイン・マッカラー
テリー・ノリス
ケン・ノートン
スヴェン・オットケ
アーロン・プライヤー
フェルナンド・バルガス

ほか、歴代の名選手の練習内容が書かれています。

一通り目を通して気付いたのは、どの選手にもほぼ共通することが大きく3つあったことです。

1.早寝早起き

これはプロボクサーなら意外ではないですが、ほとんどの選手が早寝早起きを心掛けていて、早朝にロードワーク(ランニング)を欠かさずしているようでした。

具体例を示すと、モハメド・アリやロイ・ジョーンズJrは5:30、ケン・ノートンは4:15に起床とのことでした。起きて何をするかというと、しっかりストレッチを行ってランニングをする、というのを日常のルーティンにしているようです。

コンディション維持のために当然なのでしょうけど、早く寝てしっかり睡眠をとって、良い目覚めをして練習開始、というのを習慣化していることも強さの秘訣なのだろうと思いました。働く内容も場所も違うけど、これは自分も実践しなければと思います(特に早く寝る、という点を)。

2.ロードワークは欠かさない

走る距離は選手によってそれぞれでしたが、どの選手もロードワーク(ランニング)を欠かさず行っているようでした。これも現役プロボクサーの方からすれば当たり前でしょう。

私もボクシングをしていた頃は、トレーナー(会長)に

「ボクシングは足腰が生命線だから、ボクシングの練習ができなくても走ることは欠かさずやるんだぞ」

と言われたものです。
その通りなのだなと(今頃ですが…)改めて感じます。

(それで走っていたのがきっかけで、マラソンやトライアスロンに傾倒していきました)

本によると、距離は短い選手でも5マイル(約8km)でした。私の好きな選手の一人であるリカルド・ロペスは6~9マイルなので大体10~15kmのようです。どこかの本(サイト?)で、バーナード・ホプキンス(49歳の現役チャンピオン)も毎朝5:30に起きて15km以上走るというのを見たことがあるので、ボクシングで強くなりたければ、やっぱり10kmぐらいは走るのは必須なんだろうなと思いました。

3.トレーニング内容が濃い

言うまでもありませんが、トレーニングがハンパじゃないです。
時間はそれほど長くないようなので(テリー・ノリスは2~3時間、リッキー・ハットンは3時間、フェルナンド・バルガスは2時間半)、相当密度の濃い練習をしているのでしょう。

サンプルとしてウェイン・マッカラーの練習メニューを挙げると

ウォームアップ 10分間

シャドーボクシング 3分×6ラウンド(インターバル30秒)

スパーリング 3分×4~8ラウンド(インターバル60秒)

ミット打ち 3分×2ラウンド(スパーリングのない日は5ラウンド)

パンチングボール打ち 3分×2ラウンド

スピードバッグ打ち 3分×2ラウンド

サンドバッグ打ち 3分×4ラウンド

縄跳び 10分(ノンストップ)

腹筋 (合計)200回
腕立て伏せ (合計)150回
懸垂 15回 × 2セット
ディップス 40回 × 2セット

軽いダンベルまたはバーベルでウェイトトレ―ニング(回数は可能な限り)

全身ストレッチ

という具合です。
素人がこなすのはものすごく困難だと見ただけで分かる内容です。
プロボクサーから見てもけっこうハードなのでは…?

まとめ

名チャンピオンの練習メニューを見ていると、やはり並外れた努力をしないと頂点にはたどり着けないのだな、というのがよく分かります。才能を認められてボクシングの世界に入っても、そこからハンパじゃない努力をしなければ勝つことはできないのだな、と。

何事もそうなのだと思いますし(スポーツに限らず、勉強や仕事等も)、改めて自分に鞭を打たねばと思いました。

(ボクシングをしている時にこの本に出会いたかったなぁ……)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士