ヴァンダレイ・シウバ早くも引退撤回?でもなんか複雑…

ヴァンダレイ・シウバが引退撤回(現役復帰)を示唆したようです。

現段階では何も確定していませんが、個人的には複雑な心境です……

WanderleiSilva01

UFCに参戦できなくなって引退発表したのが、9月21日。

わずか2ヶ月足らずで復帰に前向きになったのは、まだ気力も体力も十分にあるからなのでしょうけど、「じゃあ、こないだの引退宣言は何だったんだ?」と思ってしまいます…。

「UFCには出ない。他のイベント・大会で戦いつづける」と言えば良かったのに、と思います。

私の中では気分的に

「ああ、シウバ引退するんだなあ。最後まで激しい選手だったなあ」

と、感傷に浸っていた部分もあったので、この「くるりんぱ」(笑)には、まだ素直に喜べません。

「またシウバの試合が見られる。しかも日本で」

と思えば、少しはテンションが上がりそうなのですが、ミルコ・クロコップと同じようにUFCでさんざん苦杯を喫してきたので、なんか「都落ち」の感がするし、PRIDE時代の強いシウバを期待できないのも確実です。

それだけに、「う~ん、どうなんだろうなぁ……」と感じます。

日本で復帰するなら、対戦相手も日本人選手が多いでしょう。
そして、イキの良い若い選手なら、シウバに勝つかもしれません。

シウバのウィークポイントが分かってしまっているし(ジャブに弱い、アゴが弱い)、UFCでの負け試合が良い参考資料になるので、対戦相手にはチャンスでしょう。

もしかしたら、「日本人選手に負ける姿を見たくない」というのが私の心のどこかにあるのかもしれませんが(笑)、どうなるのでしょう?

プロレスラーとしてプロレスルールに徹するのなら楽しく見られそうですが(笑)

そのうちアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラもUFCをリリースされて、日本に来るのかもしれません。ボクシング技術が上がっている感じがなく、パンチをもらい過ぎだし、最近はグラウンドでの動きも鈍くなっているように見えます(UFCでも2回極められましたし)。UFCヘビー級のトップを狙うのはもう厳しいでしょう……

なので、UFCヘビー級は弟分のジュニオール・ドス・サントスに託して、ノゲイラは日本で戦うという選択肢もありえます。プロレスラーとしては十分いけそうです。ジェロム・レ・バンナに三角絞めを仕掛けたり、ピーター・アーツの腕をとったり(笑)

こんなことを書いていると、なんだか日本のイベントが「シニアMMA」みたいになってしまいそうなので(苦笑)、この辺でとどめておきます…

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする