NBAが開幕しているけど、少し様子を見た方が良いかも…

2014-15年のNBAレギュラーシーズンが開幕して、各チーム既に6~8試合を行っています。

私の当初の予想とは裏腹に、ちょっと意外な滑り出しとなっています……(苦笑)。

2014nbaseason2015

「あれれ?」な状況

レギュラーシーズンが82試合であることを考えると、既にその約1割を終えたことになります。
しかし、あまりに「あれれ?」な状況なので、少し戸惑っています…

ラプターズ、グリズリーズ、ロケッツが好調

全くノーマークの3チームが好スタートを切っています。この3チーム、11月12日現在でまだ1敗しかしていません。まだあと70試合以上あり、この先どうなるかはもちろん分かりませんが、順位表に(一瞬でも)上位に入ることを全く予想していなかっただけに、驚きとともに反省です。

キャブズとスパーズが今のところ低調

私の中で今季の「二強」と考えていたクリーブランド・キャバリアーズ(以下、キャブズ)とサンアントニオ・スパーズ(以下、スパーズ)が勝率5割前後とイマイチです。
スパーズは、まあ序盤はこんなもんでしょう(笑)。

キャブズで気になるのは、K・アービングです。良い意味ではなく、悪い意味で。
今一つゲームがコントロールできていない印象です。L・ジェームズが入ったことで負担が軽減されているのは確かですが、ここまでのところ、あまり良い印象がありません…。

先の世界選手権ではMVPになる活躍をしていたので、L・ジェームズとのコンビネーションを期待していたのですが、今のところ期待通りではありません。まだ不完全な状態です。

L・ジェームズもK・ラブも移籍1年目なので、ポイントガードでもあるアービングが上手くまとめられると良いのですが…。

サンダー、ニックス、レイカーズはどうした!?

オクラホマシティ・サンダー(以下、OKC)は仕方ないでしょう。開幕直前にK・デュラントが負傷し、開幕直後にR・ウェストブルックが負傷して戦線を離脱します。2大エース抜きでは、さすがに苦戦するでしょう。2人がいない間に勝率5割前後をキープするのが当面の目標かなと思います。

ニックスは、相変わらず「う~ん…」という感じです…。
ニックスがイマイチだと、私の中ではシーズン全体も盛り上がらなくなります。パット・ライリーやJ・ヴァン・ガンディがヘッドコーチだった頃の「武闘派ニックス」が大好きだったもので(笑)。

C・アンソニーは安定的に活躍しているものの、なかなか爆発的な活躍をしてくれていないような…。A・スタダマイアーもどうも期待外れな感じがします。
となると、T・ハーダウェイJrに期待したいです。

レイカーズも残念です。せっかくK・ブライアントが復帰したのに、P・ガソルを放出して明らかに戦力ダウンしています(やっぱりC・ブーザーではガソルの代わりは務まらないでしょう)。

おまけにコービーと入れ替わりで(?)S・ナッシュが開幕直前に背中を負傷。しかも、カバンを運ぼうとした時に背中に痛みが走って…っていう……(絶句)。

レイカーズは今季も厳しいシーズンになりそうです。コービーの6回目のNBAチャンピオン姿は見られない可能性が高まってきました……

まとめ

上にも書きましたが、まだレギュラーシーズンの10%程度が終わっただけであり、あと70試合以上あります。

なので、今勢いのあるチームも何かのタイミングで転げ落ちるかもしれませんし、スパーズのような地力のあるチームは、これから徐々に調子を上げていくことでしょう。

サッカーもそうですが、少なくとも今年いっぱいは(NBAだとオールスター前ぐらいまででも良いかもしれません)様子を見た方が良いかなと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする